なんだか寒いし、なんとなく怠いしで、ブログをしばらく放置していた。
寒いなんてのは言い訳で、要はちょっと飽きていた。
久しぶりにブログにアクセスしてみたら、コメントが来ていた。
コメントを読んでいると、なんだかブログを書く気になったので、ここ最近のぶんすけと私の生活を書く。



ぶんすけに1ヶ月程前にホヨヨボールをプレゼントした。
よその文鳥は、それはそれはもうホヨヨボールが好きでよく乗っていると聞くので、ぶんすけに喜んでもらおうと入荷を待ち、購入した。
いざぶんすけのケージに入れてみると、ぶんすけは今までにないくらいビビってしまったので、ケージの外に設置して数日様子を見たり、色々な策を講じた。
結果、1ヶ月経ってもビビっていた。
喜んでもらおうと思ったのに、怖がられてしまっては意味がない。
ホヨヨの中にいるぶんすけを一目見たかったが諦めることにした。




ぶんすけにみかんを与えてみた。
はじめてのみかんだ。
IMG_5518
よそのおうちの文鳥はみかんをチューチュー吸って食を楽しんでいると聞いたので、うちの子にもぜひ食の楽しみを教えてやろうと購入したが、当のぶんすけはみかんに全く興味を持たなかった。
怖がりもせず、食べもせず。
みかんはぶんすけ様のお気に召さなかったらしい。
生後半年でシャインマスカットの味を覚えてしまったからだろうか。
みかん、美味しいのになあ。




今日、たまたまネットを漂っていたら
「人間の1日は、犬に置き換えると3日間」という情報を得た。
犬の寿命と文鳥の寿命を比較して考えると、「人間の1日は文鳥の1週間」くらいにならないだろうか。
もしそうだったら、ぶんすけはすごくさみしい思いをしているに違いない。
つがいもおらず、毎日長い間私が帰って来るのを狭いケージの中で待っているのだ。
実際のところはどうか知らないが、ぶんすけともっと遊んであげようと思った。
IMG_5641

IMG_5627
後光が差していた。




この1ヶ月の間に、恋人とボロフェスに行ったり、そのついでにカリルに行ったりした。
IMG_5592

カリルというカレー屋さんは、京都のカレー好きにはかなり有名らしい。
IMG_5572
スパイスがディスプレイにずらりと並んでいた。
店内はカウンターで8席ほどしかなく、常に行列ができているらしい。
この日も例外なく並んだ。


40分待って入店。
私は月替わりのカレー「きのこキーマ」を注文。
FullSizeRender
これがものすごく美味しくて感動した。
私が好きな味だった。
スパイスもしっかり効いていて美味しい。
きのこのマイルドなカレーがそこに加わり、更に美味しい。
美味しすぎて感動した。
また行きたい。
今月のカレーはなんだろうか。


IMG_5573
カリルの横にあったかっこいい名前のハイツ。


IMG_5819
ぶんすけは昨日から二度目の換羽が始まった。
今日は尾羽を持って来てくれた。


相変わらず私とぶんすけは調子よくやってる。
IMG_5517


↓よかったらクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

ようやく金曜日だ。長かった。
そもそも1週間は7日あるのに、5日も働くことにした先人達に非がある。
どう考えても2日休息しただけでその倍以上の時間働けるわけがない。
なんとかならなかったのか先人達よ。


今週末は恋人の実家に行くことになった。
去年のこの時期にもお邪魔したので2回目だ。
2回目とはいえやはり人様の親に会うのは緊張する。
大事な大事な息子さんがこのような女と付き合ってくれていることへの感謝を全身から放って臨もうと思う。
うちの親は大して私のことを大事な大事な娘だとは思っちゃいないが、普通の家庭なら子供は大事なはずだ。愛を注いで育ててきたのだから。
そんな人と付き合えて光栄だ。
私の恋人を育てた親御さんなのだから、悪い人なはずがない。いい人に決まっている。
そういうマインドで明日は恋人の実家に遊びに行ってくるぜ!!!


なんだか親御さん達が新しく買ったマンションに呼んでくれたようなので、新居をお披露目してもらうことになった。
緊張はするけれど、楽しみだ。
去年会った時もよくしてくれて、お母さんの趣味のプリザーブドフラワーまでもらった。
前回は滋賀県民の誇り、クラブハリエのバウムクーヘンを持って行ったが、今回はモロゾフかどこかのプリンでも持って行こうかと思う。
恋人によるとあまり食事をしないらしいお母さんが、最近はプリンをよく冷蔵庫に入れているらしい。
食べてくれると嬉しい。



最近のぶんすけは可愛さが頂点だ。
きっとこの頂点を超え続けるのだろう。
さすがはうちの子だ。

IMG_5214
IMG_5217
IMG_5223
FullSizeRender


最近は手の中に収まるのに、おしりをフリフリしてベスポジに収まる。
その様がとても可愛くて癒される。

IMG_5231
光の中に立っているぶんすけ。



↓押してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

パフェを食べたあとは京都水族館へ。


初めての京都水族館。
滋賀や大阪に住んでいながら、友達の評価が悪かったため見送っていたが、ついに行ってきた。


とても綺麗で新しく、子供連れが多かった。
こじんまりとした印象だった。
オオサンショウウオが名物なのだろう。
初めて見たオオサンショウウオは、なんだかグロテスクで想像以上に大きかった。
オオサンショウウオ、本当にでかい。

IMG_5176
これが実寸大だ。
ほぼ私の身長と同じだった。

オオサンショウウオの実寸大ぬいぐるみがそこらへんに転がしてあったので、オオサンショウウオと仲良くした。
IMG_5040
IMG_5039
それにしてもでかい。


ゴマアザラシがとても可愛かった。
IMG_5081
IMG_5082
IMG_5088
かなり狭い透明の筒に入れられていたので、少し不憫に思ったが、当のあざらしは楽しそうにニンマリとしていた。

FullSizeRender
大きい水槽。
イワシの群れが好きだ。
スイミーみたいで。


IMG_5099
ペンギンの赤ちゃんもとても可愛かった。
よちよち歩いていて愛らしい。
私はやはり鳥類が好きなようだ。

IMG_5109
大人ペンギン。

IMG_5154
イルカショーを途中から見て、京都水族館を後にした。


河原町に出て、六曜社でドーナツとホットミルク。
FullSizeRender
六曜社のドーナツとホットミルクの相性は抜群で、これほどまでに相性の合うものはないのではないかと思った。
恋人はパウンドケーキとミルクコーヒー。
私のドーナツを味見した恋人が、あまりにドーナツを気に入っていたので、もう一つ頼んでわけわけした。

IMG_5183
マッチがとても可愛い。


しばらく河原町や服屋をうろついてから、蛇の目屋へ。
IMG_5189
恋人がリサーチしていた鶏白湯ラーメンだ。
美味しかった。



帰ってからぶんすけと遊んで、ラブ・アゲインを観た。
観たいと言っていたのは恋人なのに、開始5分で寝てしまった。

しょうがないので一人で観た。
なかなかコメディータッチの映画で、ライアン・ゴズリングのバキバキの筋肉にちょっと引いた。
バキバキって引くよな。最近松本人志の二の腕と胸筋にも引いてる。
IMG_5202
IMG_5203
IMG_5204
IMG_5205
ちょっと面白かった。
普段仕事でフォトショをいじっているだけに。


楽しい週末だった。



↓押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

今週は京都に出かけた。


いつもなら河原町周辺に直行するところだが、今回はJR京都駅から。

私が常日頃から「シャインマスカット美味しい。シャインマスカット好き。シャインマスカットが食べたい。願わくばシャインマスカットのパッフェが食べたい。」と言っているため、恋人がシャインマスカットのパフェを食べることができる店を探してくれた。さすがだ。最高。



「FUKUNAGA901」というカフェだ。
メインメニューは3種のパフェ。食事メニューもたくさんある。
どうやらこのカフェ、インスタやSNSでバズっているらしく、シャインマスカットがたっぷり盛られた「ますかっとやま」は午前中で売り切れることもあるらしい。
店内はなかなかの盛況だった。


着席して早々、例のシャインマスカットのパフェを頼んだ。


なんとこの「ますかっとやま」、2000円もする。
(2000円もするパッフェなんて頼んで大丈夫やろか...今後のパフェ人生に支障は出んやろか...)
(高いな...ファミレスのパフェ3個食べれるやん...サンデーなら4.5個...)
などと、注文するかすまいかで悩んだが、やはりこれを食べに来たのだ。注文することにした。
恋人は抹茶のパフェを頼んでいた。

IMG_4999
オーダーすると、パフェの内訳(中身)を描いたカードがもらえる。
このカードを見ながら、
「ほんまにこんな盛ってあるんかなあ?」
「ここの部分美味しそうやなあ。」
などと、来たるパフェへの想像を膨らませる。




テーブルに来た「ますかっとやま」は、カードの絵の通りのパフェだった。
FullSizeRender
大粒のシャインマスカットがこれでもかというほど乗っている。
13粒くらいあったのではないだろうか。

IMG_5006
6粒食べたのにまだこんなにシャインマスカットが!

IMG_5007
グラスの中には輪切りにしたシャインマスカットが敷き詰めてある。

IMG_5010
中身も美味しい。
いろんな味を楽しめる。


恋人は抹茶のパフェ。
FullSizeRender
美味しいと言っていた。
私は和菓子やあんこ、餅が食べれないので味見はできなかった。


なかなかのボリュームがあったので、食べ終わるとお腹がパンパンになってしまった。
胃下垂気味なので目に見えて下腹が膨らむ。
そんな私のお腹をポンポン触る恋人。


恋人はしばらくずっとシャインマスカットの所在を追っていた。



見た目や盛り付けにもこだわりが見えて、これはインスタでバズってもおかしくないわな。と思った。
シャインマスカット自体も美味しかったし、お腹いっぱいになれるボリューム、フルーツ以外も美味しく、2000円出しても満足のいくパフェだった。

「2000円のパフェを食べた」ことによってレベルアップした気分になった。テレレ〜



↓テレレ〜(押シテ〜)

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

ホヨヨ2日目。
ホヨヨボール到着日の夜は外してあげた。
何かわからなくて怖いだろうし、ぶんすけが安心して眠れないと意味がない。
ぶんすけさんの安心安全を第一に、ホヨヨに慣れていただいた上でおおいに楽しんでもらいたい。


今日も私が仕事の間はホヨヨを外に設置した。
視覚で慣れてもらう。
帰宅してぶんすけの様子を見ると、昨日のようにビビり倒している様子はなかった。
昨日はホヨヨの近くを通るのもおっかなびっくりという感じだったが、今日は大丈夫らしい。慣れたのだろう。

しかし、ホヨヨボールの動向を常気にしている。
IMG_4962
ホヨヨの動向を気にしつつガツガツ餌を食べていた。
それだけ食べれれば大したものだ。
ホヨヨとの和解の日も近い。



「いい子だねえらいね。これは楽しいおもちゃらしいから、ぶんすけもしばらく置いてみようね。」とぶんすけの機嫌を取りながら放鳥。

いつものように仲良くして、1時間ほど経ってからケージに入れようとしたのだが、なかなか帰ってくれない。および腰だ。



FullSizeRender
「いややホヨヨおるもん。怖いねん...もうちょっとここにいさせて。」

と言われたので放鳥延長。

IMG_4945

「あいつ怖いわあ。なんなん。あれ無理やわ取ってほしいねん」


もうちょっと我慢してみてよ。楽しくなるかもよ。
IMG_4949
「あいつたまに揺れるねんで」

IMG_4951
「いやや怖い...」

IMG_4953
「絶対帰らへんからな!」


そんなこと言わずに...

IMG_4955
「いやや!!」


と言われたので、ホヨヨを取り外してケージに帰した。
ホヨヨを外すとすんなり入ってくれる。
これは相当ホヨヨが怖いんだな。
しばらくホヨヨを取ったり外したりして、様子を見ようかと思う。
がんばれぶんすけ。慣れたらおもろいぞ。たぶん。


↓押してもらえるとオカモトが嬉しいです。(ランキング)
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村


今日、念願のホヨヨボールが届いた。

ツイッターではホヨヨボールを使っている文鳥飼いさんが多く、フォロワーさんによるとホヨヨボールに乗った文鳥は、それはそれはもう可愛らしいという。
ホヨヨボールを買ったらぶんすけも喜んでくれるかな?と思い、ホヨヨボールを注文した。

FullSizeRender

意外と硬い素材でできている。
ホヨヨボールと言うからにはホヨホヨしているのかと思いきや、しっかりとした素材だ。
これなら25gの文鳥が乗っても伸びたり変形したりしない。
“ホヨヨ”というのはきっと気持ちの問題なのだろう。
文鳥がこの中に鎮座しているところを想像すると、たしかに”ホヨヨ”だ。




思い切って初っ端からぶんすけのケージに入れてみたが、ビビりまくり、パニクってケージに追突する勢いだった。
ぶんすけのために買ったのに、ぶんすけに恐怖心を与えては本末転倒だ。 



ケージ外に取り付けてみた。
FullSizeRender
めちゃくちゃにビビっている。
ビビってはいるが、パニクって暴れるまではいかなかったのでこれでしばらく様子を見ていた。



ぶんすけは反復横跳びのような動きでホヨヨから一番遠い場所と、ホヨヨの側を行ったり来たりしていた。
そういえばブランコを始めて見せた時もこんな調子だった。
今ではブランコが大のお気に入りなので、きっとホヨヨも気に入ってくれるはずだ。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
これは行ったり来たりを繰り返しているぶんすけ。



これでは慣れるのに時間がかかるぞ...と思ったので、放鳥時にホヨヨを手の中でずっとよしよししてみた。
ぶんすけの嫉妬心を煽る作戦だ。
ぶんすけは常日頃から、私の視線や口が自分以外の物にいくのがムカついて仕方ないようだったので、それを利用してみた。



しばらくずっと手の中でホヨヨをナデナデしていると、
FullSizeRender

近づいてきて、

FullSizeRender

「なんやこの新入り。なんでずっと撫でとるん?なんで?」

FullSizeRender

「飼い主なんでこんなやつ可愛がっとるん!許さへんで!こんなやつのどこがいいねや!」


とブチ切れてきた。


よしよし。上手くいった。
この調子でどんどんホヨヨにキレるがいい。

と思いながらホヨヨをナデナデし続けた。


FullSizeRender
FullSizeRender

しまいにはホヨヨにマウントを取るようになり、

FullSizeRender
中に入ってくれた。


ホヨヨとぶんすけの距離を縮めよう作戦が成功した。



しばらくホヨヨに慣れさせた後、ケージの中にホヨヨを設置して、ぶんすけを戻した。



FullSizeRender
するとあんなにホヨヨにブチ切れてマウントを取っていたのが嘘のように、隅で大人しくなってしまった。


ぶんすけが怖がっているのは見るに耐えない。
私はぶんすけが喜んでいる姿を見たいのだ。
「ごめんね。まだ怖かったね。徐々に慣れていこうな。ブランコみたいに楽しくなるよ。好きになるまで外に置いとくからね。」
と言って、ホヨヨを外して外に設置した。


きっと明後日まで慣れないだろうな。
ブランコの時も2日かかった。
目つきが悪い悪人顔のくせにビビりなのだ。

明日も少しだけ中に設置して様子を見よう。
頑張ってホヨヨして、ホヨヨの楽しさをしろうな。




↓押していただけるとめちゃくちゃ嬉しいです

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ