さくらももこさんが亡くなったらしい。
私はちびまる子ちゃんのアニメ意外では特にさくらももこ作品に触れたことはない。
原作も読んだことがないし、コジコジも有名なシーンしか知らない。

原作を読んでいる大学時代の先輩が、「まる子が文鳥を飼いたがる話」を教えてくれた。
かなり初期で、漫画で言うと2巻くらいの話らしい。
まる子!わかるぞ!
となって「ちびまる子 文鳥」で検索すると、youtubeに動画があった。

FullSizeRender
まる子は静岡のおばあちゃんのところで見た文鳥が忘れられず、お父さんとお母さんに文鳥をねだる。
FullSizeRender
しっかり下調べをして文鳥を飼いたい欲求を高めるまる子。

FullSizeRender
回想シーンでわかるが、静岡のおばあちゃんはしっかり雛を挿し餌で育てているらしい。
確かにこんな雛見たら欲しくなるよなあ。わかるぞまる子。


ひろしに「家の中で大暴れしたり、不良と付き合ってやる!そんなまる子の世話をするのと、今のままのまる子に文鳥を与えるのとどっちが世話を焼くの大変だと思う?」

母に「文鳥のいる生活っていいと思わない?」

姉に「まる子の全財産の300円とお姉ちゃんの貯金で一緒に文鳥を買おうよ」

などと持ちかけるが、全く相手にされない。

文鳥のことは諦めろと言われたまる子はこう言う。
「まる子は今すぐ文鳥と遊びたいの!お外に連れて行ってあげたりしたいの!ほら、普通はあんな高いところにいる小鳥がさ、まる子の手や肩に止まってチィチィ鳴くんだよ。エサ欲しいって鳴くんだよ。かわいいねぇ。」
わかるぞまる子!!!
外に連れて行くのは賛同できないが、それ以外は同意だ!!!わかる!!!


もうこの回、「わかる」しかない。



小学校の休憩時間は、たまちゃんが九官鳥の話をし、花輪くんが飼っている20年生きていて英語がペラペラのオウムの話をする。そして友達が3日前に文鳥を飼ってもらったと話す。



なんだこの鳥エリート集団は。
小学生にしてこのエリートっぷり。異常である。


その後、まる子に根負けしたひろしが小鳥屋にまる子を連れて行く。
しかし文鳥の雛は入荷しておらず、3日後に入荷するという。
それを聞いて出直そうとするひろしだが、まる子は「まる子、今小鳥が欲しい。文鳥じゃなくたってなんだっていいよ。十姉妹にするよ。飼いたい時が欲しい時だよ。」と言い、十姉妹のつがいを買って帰る。

まる子よ。お前の文鳥への愛はその程度だったのか。知らんぞ手乗りにならなくても。


FullSizeRender
まる子宅の鳥かごにはちゃんと菜挿しもついているし、止まり木も自然木だ。なかなかちゃんとしている。


まる子は小鳥に手に乗って欲しくてカゴから十姉妹を出す。
しかし小鳥は部屋を飛び回り、まる子に近づかない。
「十姉妹は手乗りに育ててないから乗らないよ」
「雛の時からエサやったりしなくちゃ駄目なんだよ」
と姉に言われ、「これから毎日手乗りの訓練をしよう。」と言いカゴに戻す。

だから言ったやん。あと3日待てばよかったのに。



FullSizeRender
FullSizeRender
十姉妹をむんずと掴むまる子。
大人しく捕まれる十姉妹。
ほぼ手乗りみたいなもんやないか。


そして次の日の学校で、十姉妹が家に来たことをみんなに話すと、家に見にくるという。
帰宅したまる子は、手乗りの訓練をしようとカゴから十姉妹を出した。
すると、窓から十姉妹が飛んでいき、逃げてしまう。
その直後に友達が来て、空っぽのカゴの前でまる子は泣きながら友達に説明する。


という話で、なんともちびまる子ちゃんらしいオチだ。



まる子が十姉妹を飼った翌日から早起きして餌をやっている姿はまるでぶんすけが来た翌日の私のようだった。

まる子はこの回で、「なんとかして家族に文鳥の素晴らしさを訴えねば。そうだ!小鳥の素晴らしさを作文にしよう!」と言ってど下手くそな作文を書くのだが、
やっていることはまるで私ではないか。ぶんすけの素晴らしさをひたすらに書いているこのブログとまる子の作文は同レベルだ。


この回はとてもおもしろかった。
文鳥飼いや小鳥が好きな人にはぜひ観てほしい。



恋人にG-SHOCKをもらった。
IMG_2479
恋人がG-SHOCKを失くしたらしく、新しいG-SHOCKを買った。
しかし買った直後に出てきたらしいのだ。
なのでお古を譲り受けた。

おそろいのG-SHOCKで今週も梅田に出かけた。
恋人がリーバイスのシルバータブが欲しいと言うので、リーバイスに向かった。
目当てのシルバータブの新商品はまだ入荷していなかった。
そしてなぜか私が新しいデニムを買ってもらってしまった。
私が一本しかデニムを持っていないのを不憫に思った恋人は、私にリーバイスの701を買ってくれた。感謝感激である。
IMG_2574

リーバイス701、これがまた形が可愛い。太さもベスト。
トルコ製の生地らしく、洗濯すると5%縮み、色が落ちやすいらしいが、パリッとしたデニム生地でとても気に入った。


それから「検察側の罪人」を観た。
結論から言って、私は全く好きではない作品だった。
良さといったら、演者の演技くらいだ。
それでもキムタクはやはりキムタクになってしまう、過剰であると感じた。
二宮和也はかなり良かった。中盤のニノが激昂するシーンなどは固唾を飲んで観てしまった。
あとは大倉孝二、松重豊がとても良かった。松重豊の役はかなりオイシイ。
吉高由里子も綺麗だった。

問題は脚本だ。前半に長々と、そして断片的に役者に説明をさせる。長ったらしい。全部早口で説明をさせる。説明が過剰な割に断片的。主人公のバックボーンやディティールなどをストーリーが進んでいく過程や、表情、微妙な仕草などでこちらに見せてほしいと思った。映画とはそういうものではないのだろうか。
原作小説を読んだ方が何倍もマシだ。
そしてほぼ絶えず流れているBGMもしんどい。空白がほとんどない。そしてすぐに暗転して次の章へ。ラストシーンも投げかけるのではなく投げっぱなしという印象。
なんだこれは。と思った。悪い意味で。
いらないシーンもかなり多かった。
ただ演者の、特に二宮和也の演技はとても良かったと思う。



といった話をしながら今日の目的の「台風飯店」へ向かった。
「台風飯店」は谷町六丁目にある、人気店「そのだ」の二号店だ。もしかしたら三号店とかなのかもしれない。そこらへんのことは知らない。
5時過ぎに谷六に着いてしまい、まだお腹が空いていなかったため、空堀商店街を往復したりした。意外と長く、そして坂になっていたためゼェハァ言いながら台風飯店に到着した。

IMG_2563
まだ明るいうちから店内に入る。

IMG_2564
中には可愛いネオンが。

IMG_2492
メニューは壁を見て注文。

FullSizeRender
まずはトロピカルサワーを頼み、早く出てくる蒸し鶏を注文。
IMG_2565
ヤシの木のマドラー。

FullSizeRender
このパッタイがとても美味しい。
日本に帰ってきてからどこに行っても薄味のパッタイしか出てこないのでやきもきしていたが、このパッタイは美味しかった。
恋人はこの日食べた中でパッタイを一番気に入っていた。

FullSizeRender
名物ニラまんじゅう。

IMG_2551
2杯目はレモンサワーとバイス。

IMG_2566
恋人はお酒が弱いので、最終的にレモンサワーもバイスもわたしが引き取ることになった。

ルーロー飯や台湾のあんかけにゅうめん?や、台風うずらなども頼んだ。恋人は台風うずらも気に入っていて、おかわりしていた。


「いつもおごってくれるから、今日は私のおごりだからなんでも好きなものを頼むんだよ!いっぱい食べな!」と言っていたので私がお会計をした。
先週お金が本当にピンチの時も助けてもらったので、たらふく食べて飲んでほしかったのだ。
実際、どのテーブルよりも頼んで、お腹がパンパンになった。楽しかった。
どのメニューもハズレがない。安くて美味しい。
そのだも安くて美味しいが、台風飯店はテーブル席なので落ち着けて良い。


そんなに飲んでないのに、今日起きると二人とも二日酔いになっていた。
それでも昨日は楽しかったな。
IMG_2571




ぶんすけと帰省編の最終章である。
3日間父方の祖父母宅で過ごした後、母方の祖父母宅へと向かった。
母方の祖父母はペットを飼ったことがない。
突然の文鳥に驚き、どよめき、動揺を隠せないのではないかと危惧した。
車で駅まで迎えに来てくれたばあちゃんに、ぶんすけを「ジャジャーン!」と見せると、爆笑していた。
爆笑しながら「あんた鳥と帰ってきたんかいな!」と言っていた。


家に着き、御年85歳になる長身ガリガリのじいちゃんが「おかえり」と出迎えてくれた。
またしても「ジャジャーン!」とぶんすけを紹介すると、「おうおうおう、鳥か。鳥やぁ。うはは」と笑っていた。

どうやら私の祖父母はどちらも動物耐性が高いらしい。笑いながら出迎えてくれた。
「ほらほら初孫やで〜!」と文鳥ギャグ(対祖父母)をかますと、
「初孫か〜!お前可愛いのう」とすんなり初孫としてぶんすけを迎えてくれた。

IMG_1989
IMG_2062
IMG_2064
FullSizeRender
IMG_1991
なんと幸せそうな光景だろうか。
どうやらぶんすけはおじいちゃんが好きらしい。
会って2秒で仲良くなっていた。
じいちゃんもぶんすけのことをたいそう気に入ったようで、一日に何回もぶんすけの様子を見に来て、その度にケージからだして遊んでいた。
手に乗ったり、肩に乗ったりするぶんすけをまるで本当の初孫のように可愛がってくれた。

IMG_2008
老夫婦と文鳥。


ばあちゃんもずっと「ぶんちゃんぶんちゃん」とぶんすけに話しかけてずっとケージの前から離れなかった。
きっと本当に初孫として認識されている。
IMG_2012
IMG_2015

じいちゃんがぶんすけと遊んでいる様子がめちゃくちゃにウケてしまって、動画を撮って「めっちゃウケる」と呟くと結構いいねが来た。

  ぶんすけにメロメロのうちのじいちゃんが可愛いのでよかったら見てほしい。

FullSizeRender
お酒を持っていったので、3人で3つのグラスに入れて乾杯した。
今までで一番、母方の祖父母と仲良くできたかもしれない。全部ぶんすけのおかげだ。




IMG_2023
素敵な壺とぶんすけ。

IMG_2010
和ぶん。

IMG_2076
翌日、起き抜けのぶんすけ。


お盆は本当に暇だった。
“何もしないこと”をしている休日だった。
ぶんすけと遊び、勝手気ままにお菓子を食べ、いつもより栄養価の高いご飯を三食きちんと食べ、毎夜祖父母宅の家の前の水路の淵に座りながらハイボールを飲みつつ水路に住み着いている魚を眺めたり、空を飛んでいる鷹や白鷺を眺めたりした。


父方の祖父母宅に3日、母方の祖父母宅に1日泊まった。
私は父方の祖父母宅に長年住んでいたので、父方の祖父母とはとても仲がいい。
一緒に川の字で寝て、1日5回は抱きつく。
こんな25歳はどうかと自分でも思うが、二十歳になって突如現れた”甘え切っても自分のことを嫌わない存在”に甘え切っている。

二十歳になって初めて父方の祖父母宅に住んだ。
実家に住んだのは中2までだ。
それからは児相の一時保護所だとか母方の祖父母宅だとか、ホストファミリーの家だとかに住んでいた。
父方の祖父母宅には19の終わり頃に住まわせて貰った。
なんだかんだ、いろいろと複雑な人生を歩んできているのだ。複雑でなければどれほどよかったかと思うけれど。


そんな父方の祖父母宅には3ヶ月に1回ほど帰省している。


ペットホテルが空いていなかったので、二人旅を決行することにしたのだ。


ぶんすけは私より初めて会ったじいちゃんが好きなようだった。
じいちゃんは全然ぶんすけのことを構わないのに、ぶんすけはじいちゃんに構ってもらいたくてしょうがないらしく、すぐに私の手からじいちゃんの所へ行ってしまうのだ。
IMG_1792
じいちゃん「なんやお前?」

IMG_1794
じいちゃん「わしの所がええんか?」

IMG_1795
じいちゃん「ほら来てみい。」

IMG_1796
じいちゃん「おうおう。わしがええか。小遣いやろか?」


と、ぶんすけに好かれて気を良くしたじいちゃんは、文鳥に小遣いまであげようとしていた。

IMG_1798
最終的にじいちゃんの足に落ち着いたぶんすけは、さえずりなんかしちゃってご機嫌だった。

もちろんかなりの嫉妬心を煽られたが、初孫と祖父が仲良くしているのだ。黙って静観するしかない。


ばあちゃんとはブルーベリージャムを作った。
IMG_1807
庭にブルーベリーの木が生えているのだが、私が着く前にばあちゃんがブルーベリーを収穫してくれていた。
そのブルーベリーを使ってジャムを作り、たくさんの瓶に詰めた。
私も1瓶もって帰ってきた。
明日にでもトーストに塗りたくろうと思う。


IMG_1912
基本的に夜は家の前の水路に腰掛けて、鳥の巣をじっと見たり、コオロギの声を聴きながら、ハイボール濃いめを飲んでいた。
ハイボール濃いめは手軽に安く酔えて良いですね。9%やし。



酔いすぎるとばあちゃんに飛びついてすりすりしてしまう。
IMG_1952
25歳になったのに子供みたいなことをしてしまう。そろそろ大人にならなければいけない。そろそろというか今すぐにでも大人にならなければ。


父方の祖父母宅では素を出せるのでとてもリラックスできて楽しい。


明日にでも母方の祖父母宅編のブログでも書こうと思う。
母方の祖父母宅もかなりおもしろかった。
文鳥のおかげでみんな仲良くなれた。
ぶんすけありがとう。
明日にでも書きます。





朝起きて、ぶんすけをカバンに詰めた。
こう言うとなんだか語弊がある気もするが、実際カバンにぶんすけを詰め込んだのだ。



15日から夏休みが始まった。
恋人は12日から休みだったので休みは合わなかったが、恋人が休みの間は私の部屋で留守番をしてくれていた。

15日は朝からぶんすけを移動用キャリーに移し、餌や水を新しいものに替えて、新聞紙を底に敷き、キャリーを保冷バッグに入れた。
IMG_1566
このキャリー、本当に良い。
今日でぶんすけはこの移動用キャリーで過ごして2日になるが、楽しく過ごしているようだ。
本人から言われたわけじゃないから知らんけど。
見た感じ広さもそれなりにあって過ごしやすそうだ。

IMG_1568
そんなぶんすけをキャリーごと保冷バッグに詰め込み、空いている場所にエサをぶち込み、中のポケットに保冷剤を入れた。

そして恋人と一緒に駅へ向かった。
IMG_1570
輸送されるぶんすけ。

恋人は梅田方面に、私は京都方面に行くので別れて、ぶんすけとの二人旅が始まった。


電車には座れた。膝に置いたぶんすけは一言も声を発さなかった。ビビっていたのだろう。
ザワザワするし人の気配はするし、ガタガタいうし、トンネルの中は耳がおかしくなる。
実際にぶんすけの耳がおかしくなったかはわからないが、私の耳はおかしくなっていたのでぶんすけにも負荷がかかったに違いない。
心配だったが、乗客がたくさんいる中でカバンに話しかけるのはまずいと私でもわかった。
心を鬼にして話しかけず、2時間ほどの移動に耐えてもらった。
IMG_1575
乗り換えの時は後ろに誰もいなかったので、ちゃんとぶんすけと2列に並んだ。



ばあちゃんちに無事着いたので、いよいよぶんすけのお披露目だ。
めちゃくちゃもったいぶりながら保冷バッグからキャリーを取り出した。
「ほらほら、初孫だよ〜!」
と言ってぶんすけを見せたら、
「何言うてんやこの子は」
「おかしくなったんちゃうか」
と呆れられた。


ぶんすけを放鳥すると、ものの5分で慣れてすぐにばあちゃんにくっついていた。

IMG_1582
IMG_1584
IMG_1578
IMG_1580
最終的にはばあちゃんから離れなくなって、双方に嫉妬した。
ぶんすけは優しい人がわかるのだろう。
私もそれなりに優しいという自負はあるが、ばあちゃんは私が今まで見てきた人間の中で一番
優しく、人間ができていて、立派な人だ。
そりゃあ私よりばあちゃんの方が良い。私だってばあちゃんにくっついていたい。

ぶんすけの放鳥を終え、キャリーに戻してからは私がずっとばあちゃんにくっついていた。癒される。ばあちゃんのことが大好きでたまらん。
じいちゃんも大好きだけど。



墓参りに行ったら、曲がり角を曲がった瞬間に「うわっ!!!」と声が出てしまった。
IMG_1607
IMG_1606
ガチすぎてビビる。
カラスよけのカカシらしい。
めちゃくちゃ怖かった。


IMG_1617
IMG_1618
天気もなんだかおどろおどろしていて、ある意味墓参り日和だった。


帰ってから”お盆になると実家に勝手に集まってくるお菓子”として有名なヨックモックのシガール食べ放題を開催した。一年ぶりに食べたが、やっぱりこのラングドシャは美味しい。
IMG_1589



土曜日は梅田を練り歩いてから、恋人の用事を済ませ、蕎麦を食べに行った。
恋人が朝からずっと「蕎麦が食べたい...蕎麦食べ放題したい...」とうわごとのようにつぶやいていたのだが、まさかないだろうと思って「梅田 蕎麦食べ放題」で調べると、ホワイティに蕎麦食べ放題の店があった。
FullSizeRender
私は親子丼セットと海老天、恋人は希望通り蕎麦食べ放題を頼んでいた。
蕎麦食べ放題は最初に持ってきてもらう量を選べるのだが、恋人が「5皿で!(1kg)」と言い出したので必死で止めた。「最初は3皿にしときなよ。」と言うと、3皿頼んでいた。どうやっても1キロも蕎麦を食べられるはずがない。何の変哲もない蕎麦だ。
そう思って止めたが、最終的には追加で2枚頼んでいたので、結局恋人は1キロもの蕎麦を胃に流し込んでいた。強い。


恋人の食べ放題についていた海老天をもらった。私の恋人の良いところのひとつとして、「蕎麦についてる海老天をくれる」ことだ。
海老天は大事だ。そんな大事な海老天もくれるところが最高。



帰りは阪急に乗って帰った。
夏休みなのと花火大会なのもあってか阪急は結構な人で、恋人と隣り合って座れずバラバラになって座った。
昼間、今日は「淀川花火だね」と話していたのだが、花火大会には行かなかった。人混みが嫌いだし、暑くて疲れるからだ。
帰り道では花火のことなんて忘れていたが、梅田〜十三間を電車が走っている時に、斜め向かいに座っている恋人が、私の背後を指差して意味ありげな表情を送ってきた。
スマホに夢中だった私は、その時乗客がみんな私の背後を見ていることに気づいた。
振り向くと、花火が上がっていた。


FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
一番良い場所で、涼みながら花火を見てしまった。
ちょうどフィナーレのようで、空には大きな花火がたくさん打ち上がっていた。
花火が見れて嬉しかった。



最寄駅についてから100円ローソンで手持ち花火を買った。
去年の淀川花火の日にも、花火大会には行かずに100円ローソンで同じ花火を買って、二人で蚊に食われながら花火をした。
IMG_1088
今年も散々蚊に食われた。
それでも毎年手持ち花火がしたい私につきあってくれるのでありがたい。

IMG_1107
IMG_1108
IMG_1109
IMG_1110
IMG_1111
IMG_1112
誰もいない広い公園で、二人で手持ち花火をした。
今年もフジファブリックの「若者のすべて」を歌いながら手持ち花火をし、「線香花火」を歌いながら線香花火をした。
1年経ったのに同じことをできているのが嬉しい。


タブレットで自分のブログを読み返していた。
雛の時のぶんすけは、今とは全く違う鳥に見える。
IMG_1243
IMG_1244
これはぶんすけonぶんすけ。



↑このページのトップヘ