午前8時前、ドォン!という音が鳴った瞬間、世界が揺れだした。
地震だ。そう気づくのに2秒かかった。地震発生時の2秒は長い。何が起こっているのかわからず、ちょうど塗りたくっていた日焼け止めを放り出して、ただ本能的に身構えた。
一瞬で、本棚の中の本は全て棚から落ち、皿は半数が割れた。キッチンの砂糖と塩は床にぶち撒けられ、ぶんすけのカゴは落ちて斜めになっていた。
ぶんすけのカゴが落ちた瞬間、(地震だ!)とようやく認識し、斜めになっているぶんすけのカゴの元へ走り、カゴを真っ直ぐにした後、押さえていた。怖かった。本当に怖かった。
地震が収まった後、私の目の前はこの状態だった。
IMG_7776
IMG_7778
IMG_7779
ほとんどの物が床に散らばっていた。


避難経路を作らなければ!と思い、廊下に出ると、全ての物がなぎ倒されていた。
IMG_7780
amazonからの段ボールを捨てる手間を惜しみ、ため込んだ段ボールのおかげで避難経路を作ることに時間を要した。



鉄骨のボロマンションの6階は、私の想像を超える揺れ方をしていた。今まで戸建でしか地震に直面したことのなかった私は、こんなにも揺れるものなのかと驚いた。
スマホの地震速報は揺れてから10秒後くらいに鳴った。鳴っていたが、もう地震に巻き込まれているのでそれどころではない。もう少し、せめて10秒前に予測してはくれないのだろうか。どうせ無理なら心構えをしたい。



電話回線が混み合っているようで会社には連絡がつかず、ぐちゃぐちゃの部屋を残していつも通りの出勤時間に出勤した。
出勤途中の阪急の線路には、緊急停止した阪急電車が止まっていた。人がぎゅうぎゅう詰めになっていた。

出勤してすぐに帰宅許可が出た。
帰宅していると、さっきの阪急電車から人がぞろぞろ出てきて、最寄駅に向かってみんな線路沿いを歩いていた。ぞろぞろと線路沿いを歩く人々の姿は、まるでゾンビ映画、もしくはウォーキング・デッドのような光景だった。


私は帰宅し、改めて部屋の惨状を目の当たりにした。
皿の破片は飛び散り、塩で床はジャリジャリする。文鳥の餌もたくさん飛び散っていた。この床を掃除するだけでどれだけ大変だろう。と思った。しかも片付けても余震が来るかもしれない。同じ震度の地震が来たら、せっかく掃除したのにすべてパーになる。泣きそうになりながら破片を片付け、本を平積みにし、掃除機をかけ、ティッシュを濡らして床を拭いた。
部屋はどうにか元の形に近づいた。




次は文鳥の避難を考えなければならない。
鳥かごではなく、ヒナの時に使っていたプラケースに新聞紙、餌入れ、餌、青菜、粟穂、水入れ、水、コットンに染み込ませた水を入れた。
IMG_7814
IMG_7812
コットンに染み込ませた水は、ツイッターでフォロワーさんが教えてくれた。ありがたい。
その間にもラインやツイッター、インスタなどで安否確認が届いた。みんなありがとう。



そのあとは自分の避難袋を作るため、近くのコンビニに向かった。
コンビニ内の客も保存がきく食べ物やお菓子、水分を求めて来たようだった。お茶がなくなっていた。
お茶と水を求めてもう一つのコンビニにむかった。ワインなど瓶の商品が落ちたようで、店員さんがモップで床を拭いていた。お茶と水、ビスケットやキャラメル、チョコレートなどを購入して帰宅した。IMG_7806
なんせ初めての震度6レベルの地震なので、災害意識が低く、何を買えばいいのかわからなかった。とりあえず保存の効くものや、糖分、水分を買った。

ツイッターでお風呂に水をためておけばいいというのを見たので、浴槽に水もためた。
モバイルバッテリーも満タンにしたし、ぶんすけもプラケースに移動させた。

あとは地震が来ないこと、南海トラフの前触れでないことを祈りながら気を張っているしかない。



仕事中の恋人から電話があり、安心して泣いてしまった。本当に怖かったし、心細かった。
恋人は出勤はできたものの、このままJRが動かなければ帰宅できないらしい。半日経てば動くとは思うが、とても心配だ。


ニュースをつけると、家の近くで3人亡くなっていた。
部屋の外は消防のサイレンの音が鳴り止まないし、ずっと報道のヘリコプターが飛んでいる。


地震がこんなに怖いものだと思っていなかった。所詮震度3レベルしか経験したことのない人間だった。とても怖い。もう地震が来ないことだけを祈る。


にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ