やっと金曜日だ。今週は長かった。
地震で気を張っていたからかもしれないが、かなり疲れてしまった。

最近毎日ブログを更新している気がする。
元々私は記録魔で、毎日日記や落書きをスケッチブックに書くような人間だから、アナログからデジタルになっただけだ。三日坊主を危惧していたが、全然平気だった。ぶんすけが毎日いろんなことをしてくれるから、書いても書いても書き足りない。これを半年後や一年後に見て(ぶんすけにもこんな時期があったな...)と懐かしむのだろう。



ぶんすけの換羽は少し勢いが衰えた気がするが、ちゃんと進行しているようだ。FullSizeRender
頭の白いチクチクが、新しい羽の軸で、このチクチクが開くと羽になるらしい。
ぶんすけが来てから、ぶんすけに出会わなければ一生知ることのなかったであろう鳥の知識がどんどん増えていく。
知れば知るほど鳥に愛着が湧き、今やそこらへんにいるスズメすら愛しい。


文鳥は換羽になると荒っぽくなったり怒りっぽくなったり、いわゆる反抗期になったりするらしいが、今のところぶんすけにはそれがあまりないようだ。
文鳥のオスは特に怒りっぽいというが、ぶんすけは元々の性格が穏やかなようで、だいたいのほほんとしている。さし餌をして育てたおかげもあってか、とても懐いてくれている。まあ私がありあまる愛情を注いだおかげだろうと思っている。ギブアンドテイクだ。こんなに文鳥が愛情のギブアンドテイクができる動物だとは知らなかった。まるで犬だ。25gの犬。


今日はにぼしをあげた。この前、中学時代の学年主任に会った時に大きなにぼしをたくさんもらった。ぶんすけへのお土産だ。学年主任の旦那さんも昔文鳥を飼っていたらしい。
既ににぼしを買っていたが、私が与えているパックで298円のにぼしよりも上等なものだった。高級志向のぶんすけは、やはり高級なにぼしがいいらしい。がっついてがっついてしょうがない。
FullSizeRender
FullSizeRender
小さくちぎってあげたにぼしを噛んで、出汁を吸い尽くしては捨て、吸い尽くしては捨てを繰り返していた。床はすぐにぶんすけがヘナヘナにしたにぼしで散らかった。


FullSizeRender
最後には大きなにぼしを持ち出して、「ハッ!見つかってもうた!」みたいな顔をしていた。
この狭い1Kで見つからないわけがないだろう。


IMG_8005
昨日も今日も天気が良かったので、窓際のベッドでひなたぼっこをした。窓に接しているのがベッドしかないので仕方なく鳥かごを置くが、衛生的によくないのでどうにかしたい。
ぶんすけのために気合いでベッドを移動させるか...とも思うが、そうなると本棚や他の棚までどかさなくてはいけないので気おくれしている。



さっき恋人から教えてもらったのだが、今週は阪急梅田で”うるおう小鳥ガーデン”というイベントが開催されているらしい。
IMG_8040

土日に行けたら行ってみようと思う。


にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ