数年ぶりに行ったカプリチョーザで、恋人に心の内を明かした。


「神戸どうぶつ王国に行ってコレになりたいんですが。」
そう告白し、スマホに保存していた写真を差し出した。
IMG_8929
IMG_8927

恋人はオーケーをくれた。さすがだ。
近いうち行こうと思う。

神戸どうぶつ王国には、たくさんの鳥がいて、肩に止まったり餌をあげたり、触れ合えるらしい。ホームページの”王国の仲間”のページを見ると、ほぼ鳥だ。

今までは鳥に見向きもしなかったが、ぶんすけと一緒に暮らし始めてからというもの、そこらへんにいるスズメですら愛しいのだ。台風の時は本気でスズメを心配した。しかしさすが野生のスズメ。台風が去ったあとの公園に行くと、何事もなかったように生き延びていた。
本当は家の近くの公園に住んでるスズメ達にぶんすけのカナリーシードを与えたい。
しかしそんなことをしてしまったら、完全に”変人”のレッテルを貼られてしまうので思いとどまっている。
それくらい今の私は鳥類が好きなので、神戸どうぶつ王国に一緒に行ってくれる人ができて嬉しい。


カプリチョーザ 、通称カプチョで昼ご飯を食べたあとは「万引き家族」を観に行った。
是枝裕和監督の作品で、血が繋がっていない6人がひとつ屋根の下で、おばあちゃんの年金を頼りに万引きをしたりしながら暮らしている。

子役の二人の素晴らしさよ。是枝監督は本当に子供を撮るのがうまい。「誰も知らない」が、是枝監督の撮る子供の最骨頂だと思っていたが、万引き家族もとても良かった。
子どもは殴られても「転んだ」と言うのだ。殴られてきた子どもは、ああいう目をして他人を見るのだ。エンドロールを観ていたら児相が協力しているらしかったので、さすがだなあと思った。
祥太もりんも良かったが、やはり安藤サクラはすごい。
安藤サクラもすごかったが、松岡茉優もリリー・フランキーも良い。
あの家族を演じる演者達が全員素晴らしくて、引き込まれた。
樹木希林さんは、わざとだとはわかっているけど滑舌が悪すぎて、耳が慣れてくるまでの前半は何言ってるのかよくわからなかった。

あの雑多な部屋や、タイル張りでシャワーすらないボロボロのお風呂、訪れた近所の人がハンカチを敷いて座るほどの汚い土間、木が手入れもされずに生い茂っている玄関の門、全て是枝監督の意図があって作られたものなんだろうなあ。すごいなあ。と思った。
社会の隅をそれぞれちょっとずつすくって作品にしたんだなあ。と思った。 

のぶよがりんを後ろから抱きしめて話すシーンは少し泣きそうになった。

家族とは、愛とは、血ではないのだ。





「万引き家族」を観終わって、余韻に浸りながら帰宅した。
帰る途中、阪急梅田駅で”侍プリン”という前から気になっていたプリンを発見したので恋人が買ってくれた。モロゾフのプリンケーキも買ってくれた。
IMG_8925
私はプリンやケーキが大好きなので、よく恋人が買ってくれる。それをパクパクと食べ、だいたい恋人は半分残してくれるので、その残した分もパクパク食べる。


夜ごはんはオムライスを作った。
帰り道で卵と鶏肉、玉ねぎ、バター、牛乳などの材料を買って帰った。


IMG_8924
卵を割るとフワフワが出てくるタイプのオムライスを作った。説明が難しいな。デミグラスソースなのでご飯はバターとホワイトペッパーとブラックペッパーなどで味付けした。これが好きらしい。
おいしいと言ってくれるので、自称”褒められて伸びるタイプ”の私はるんるん気分だった。
今度はもっと美味しいのを作ろう。



久しぶりに母方の祖母から電話があったので、文鳥を飼っていることを伝えると、
「お友達ができてよかったねえ。」と言われた。
まさかお友達がいないと思われていたのだろうか。

「ぶんすけの写真を送ってね。」と言われたので、ラインでぶんすけの写真を大量に送った。
送信している途中で(ああ...かわいすぎる...世界一可愛い...)と悶えてしまい、思っていることを送ってしまった。「大げさ」とだけ返ってきた。意外とドライやなばあちゃん。

FullSizeRender


にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ