ぶんすけが昨日も今日も明後日も、ずっとかわいい。
きっとこれからもずっとかわいい。大好き。


ぶんすけと暮らし始めてから、かなり穏やかになった気がする。自分で言うのもなんだが、私はかなり穏やかな方だと思う。その私が自己ベストの穏やかさを叩き出しているのだ。これはもう文鳥の魅力の凄さでしかない。
本当にかわいいのだ。食べちゃいたい。鼻を埋めてパクパクしたい。
自分でも何を言っているのかわからないが、本当にこんな気持ちなのだ。
そもそも私のブログなど基本的に何を言っているのかわからないような気がする。ちゃんと人に伝わっているのだろうか。大丈夫ですかねこれ。

昨日はお酒を飲んで酔っ払ったので、ぶんすけをケージに戻したのだが、それでも愛しくてしょうがなくなったので、ケージを抱きしめながら
「ぶんすけ大好きだよ。大好き。」とずっと言っていた。愛が止まらないのだ。



ぶんすけの換羽は順調で、ついに頭がほぼ真っ黒になった。
IMG_5948
IMG_5913
こんなに灰色の小さくておぼこい赤ちゃんだったぶんすけも、今や大人になりつつある。

IMG_8773
IMG_8777
頭は真っ黒になり、体の黄色がかった灰色の羽も、ブルーがかったスベスベの灰色の羽になっている。



FullSizeRender
これは換羽の途中経過だ。
まだら模様になっている。

FullSizeRender
このぶんすけを見て、「おいおい。中1の時こんなんおったぞ。思春期か。」とつっこんでしまった。
まるでこれだ。
IMG_8738
思わず「陰陽マーク 服」でググってしまった。
“CITY&COUNTRY”というブランドらしい。コンセプトが謎だ。今も昔もよくわからない。
いたよねこういう男子。裁縫セットとかもこんなデザインあったよね。あとPIKO。

思春期らしくちゃんとダサいものを身にまとっているぶんすけ。これも成長である。


昨日ばあちゃんに会って、「文鳥はみかんを食べるらしいからこれあげるわ。」と言われて温州みかんをもらった。
ばあちゃんは私の育児に積極的に協力してくれる。
FullSizeRender
文鳥は温州みかんが大好きと聞いていたが、ちょんちょんとつつくだけであまり興味を示さなかった。しょうがないから私が食べたが、なかなか甘くておいしいみかんだった。
この時期の温州みかんは高級品なのにぶんすけは全然食べてくれない。


IMG_9021
ちょうどいい位置にぶんすけが来てくれたので自撮りした。
ぶんすけは飼い主の顔面を気遣って、ちゃんとスタンプの役割を果たしてくれる。出来た子だ。


にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ