私は音楽が好きだ。ポップスも聴くし、ロックも聴く。フォークもR&BもHIPHOPも聴くし、ジャズもクラシックも民族音楽も聴く。歌謡曲も聴くし、昔のアイドルソングも聴く。
とにかくだいたいのジャンルが好きだ。
どんなジャンルでも好き!と思うものは好きだ。もはやジャンルなんていらないな。と思う時もあるが、そうなるとタワレコで目当てのアーティストを探すことに時間を要するし、人と話している時に「こんな感じの音楽です」と伝えることも困難なので、やはりジャンル分けはされるべきだろう。



私の中では細かなジャンル分けがあり、その中に「道」ジャンルがある。
ジャンルというよりはプレイリストみたいなものだ。

「道」ジャンルのトップ3がある。もちろん私の中だけのトップ3だ。


1位 甲州街道はもう夏なのさ/ランタンパレード

フルートの”ファファファファミララードドシーミドシーラー”が特徴的だ。それと同時にキーボードの”ドレミファ”が連続的に聞こえる。クセになる。サウンドが最高だ。
7inch versionはフルートはなく、ピアノとアコギと、おそらくカホンか何かの打楽器だろう。こちらもとてもいい。


ちなみに、サンプリング元は大貫妙子の「くすりをたくさん」だ。「くすりをたくさん」もすごくいい曲だ。大好き。


「もう夏」なのに、もう夏が終わってしまうかのような、8月下旬のような切なさがこの曲にはある。しかし、6月上旬の初夏のような、湿気で充満した空気の中で聴きたい曲でもある。
そして歌詞。

“夕べは美しい月明かりの下で 職務質問を受けたのです
気象庁はもう関係がなく今額では汗と砂埃が混じり合っている

甲州街道はもう夏 甲州街道はもう夏
甲州街道は もう夏なのさ”

“変な薬をたくさんやってるんじゃない とか聞かれたりしました
甲州街道は もう夏なのさ”


おわかりだろうか。サンプリング元は大貫妙子の「くすりをたくさん」、曲の冒頭で職務質問を受け、曲の最後には”変なくすりをたくさんやってるんじゃないか とか聞かれたりしました” だ。曲を聴き終わった後に、繋がっていたんだな...しかも「くすりをたくさん」をサンプリングしている...裏テーマは「くすり」じゃないか...となる。
まあ、そんなことは一切考えなくてもとにかくこの曲は最高だ。ぜひ甲州街道を車で走る人には聴いてほしいし、走らなくても聴いてほしい一曲だ。




2位 環状七号線/フジファブリック

YouTubeになかったので貼れない。残念だ。
皆さんご存知、フジファブリックの「アラモード」という初期のアルバムに入っている。
怪しげなギターのイントロから始まり、キーボードのメロディーが入ってくる。フジファブリック感満載のキーボードのメロディだ。この時点でアガりまくる。
そして”シレシレファ♯ッレー”というギターの一節が鳴り、ドラムが入り、環状七号線が始まる。これはもう素晴らしいのだ。
歌が始まるまでで一気にテンションを使い果たす。
と思ったらサビ。

“環状七号線をなぜだか飛ばしているのさ
環状七号線をなぜだか飛ばしているのさ”

と志村の癖のある声が歌う。テンションが最高潮になる。
ちなみに”飛ばしているのさ”は”飛ンばしているのさッ”だ。
これはもうこの曲を聴いたことのある人にしか伝わらないだろう。聴いて。
フジファブリックはなかなかクセが強めなのでハマる人とハマらない人ではっきり分かれるが、ハマる人は、この環状七号線のようなフジファブリックが大好きだろうと思う。



3位 中央フリーウェイ/荒井由実


我らがユーミンの中央フリーウェイ。

“街の灯がやがてまたたきだす
二人して 流星になったみたい”

から間髪入れずに

“中央フリーウェイ
右に見える競馬場 左はビール工場
この道は まるで滑走路 夜空に続く”

と来るところが好きだ。

競馬場は東京競馬場、ビール工場はサントリー武蔵野ビール工場のことらしい。
他にも在日米軍の調布基地など、府中市近辺の風景が歌詞に出て来る。

“片手で持つハンドル 片手で肩を抱いて
愛してるって言っても聞こえない 風が強くて”

なんて最高だ。時代がわかる。


この曲は、ジブリの「魔女の宅急便」の主題歌候補にもなったらしい。東京にスポットを当てすぎていて映画と合わなかったため「ルージュの伝言」に決まったという。

ユーミンの中央フリーウェイも良いが、ハイファイセットの中央フリーウェイもかなり良い。コーラスが最高。今日も聴いていた。



他にも「道」ジャンルはたくさんあるが、私の中ではこの三曲がトップ3な気がする。
今2分くらい真剣に考えただけだけど。


三曲とも夏のドライブにぴったりなのでぜひ聴いてほしい。音楽は良い。最高。



にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ