年に一回のビッグイベント、りんご音楽祭に行ってきた。
ぶんすけは前日からペットホテルに預けた。
ぶんすけを購入したペットショップに併設しているペットホテルなので、
「帰省だねえ。お前がいたペットショップにしばらくいてね。寂しいけど我慢してね。」と言いきかせて預けてきた。



りんご音楽祭は、長野の松本で開催される音楽フェスだ。
邦ヒップホップ勢がなかなか強く揃っており、ヒップホップが主に好きな恋人と、バンドが主に好きな私の好みが合致する、めずらしいフェスだ。
私は去年りんご音楽祭に初めて行ったのだが、程良い人の多さと、人の多さの割に豪華なメンツ、ヒップホップカルチャーとバンドカルチャーが融合している感じがすごく気に入ったので、今年も恋人とはるばる大阪から松本まで出向いた。


朝5時半に起きて、新大阪から松本へ向かった。
名古屋までは新幹線、名古屋から松本までは特急しなので向かった。
この特急しなのという列車、異常に揺れる。トイレに行こうと席を立つと、立っていられないくらい揺れる。私の運動神経が最低レベルだということを考慮しても半端ない揺れだ。
去年恋人は特急しなのの揺れに耐えきれずトイレで吐いた。
今年は去年の失敗を活かして早めに酔い止めを飲んだので事なきを得た。



松本に到着して、すぐにバスに乗り会場のアルプス公園を目指した。

りんごサブステージで藤山拓のライブがあったからだ。
藤山拓は私の大学の先輩だ。
サークルも同じだったし、そういえば拓さんのもう一つのサークルにヘルプで入って一緒にフジファやサニーデイのコピバンをしたりした。
社会人のジャズバンドにも拓さんと私で参加して、近所のショッピングモールでライブなどをした気がする。確かショッピングモールから一人500円もらった。懐かしい。
よく”拓さんハウス”なる拓さんのアパートでサークルのみんなと鍋をしたり飲んだり、拓さんが野良猫を拾ってきて、みんなで愛でたりした。
突然夜中に古着屋に行ってレディース服を買って、みんなが女装し、それを爆笑しながら見ていた。懐かしい。

そんな拓さんがなんとりんご音楽祭に出るという。
なんだか感慨深い。



それなのに、案の定拓さんのライブに間に合わなかった。
なんたる失態。とかは別に思ってないけど、久しぶりに拓さんのギターと歌を聞きたかった。残念だ。
拓さんのライブを観ていないので感想などは言えないが、拓さんはかなり面白い(funnyじゃなくてinterestingの方)人間なので、興味を持った方はぜひチェックしてほしい。
別に回し者ではないが、拓さん本人はすごく面白い人なので。



それからカネコアヤノ(バンドセット)を観た。
私はカネコアヤノが大好きだ。
全世界の女子にカネコアヤノを聞いてほしいくらいだ。いや別に男子でもいいのだけれど。


“洗濯物を入れなくちゃ
未読の漫画を読まなくちゃ
恋しい日々を抱きしめて
花瓶に花を刺さなくちゃ”


まるで私だ。
まるで私の日常だ。


なにより「祝日」が聴けたのが嬉しかった。
私は祝日が大好きなのだ。


“お腹が痛くなったら
手当をしてあげる
嫌われないように
毎日不安にならないようにしている”


“あなたが振り返らなくても
姿が見えなくなるまで
気づかれないように見送る
できないことも頑張って
やってみようと思ってる”

“飽きないな
若気の至りか 気持ちの問題か
あとは抱き合って確かめて
飽きないな
若気の至りか どうでもいいことだ
これからの話をしよう
祝日 どこに行きたいとか”


私が日々思っていることをそのまま歌ってくれる。
そのままの歌詞を届けてくれる。
今まで、いわゆる”ラブソング”などはほとんど聞かなかったし、全く興味もなかった。
だが、カネコアヤノは私に響いた。
たぶんタイミングもあるのだろう。今私はちゃんとラブソングの”あなた”を好きな人に置き換えることができるから。
1日目で一番のベストアクトはカネコアヤノ(バンドセット)だった。


カネコアヤノバンドには私の好きなギタリストの一人である、林宏敏がギターで参加している。
私は踊ってばかりの国というバンドが大好きで、ずっとライブに行っていた。
林さんは踊ってばかりの国を脱退したのだが、今でも変わらず好きだ。
林さんのギターが好きなんだと思う。



その後はU-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESSを観た。
IMG_3994
今年のりんご音楽祭で一番楽しみにしていた出演者だ。
私は鎮座ドープネスがかなり好きだ。
その上KAKATO(環ロイと鎮座のユニット)も大好きだ。
これは楽しみ以外のなんでもない。
鎮座と環ロイがフリースタイルラップで「なんで鎮座前歯折れてんの」「それは言わない言いたくない。それはそうと俺は今日4畳半の民宿に泊まってたけど、民宿の人に赤い自転車借りてここまで来た」
的なことを言っていて(うろ覚え)面白かった。
七曜日、リズム、サマージャム’95などを聴けた。
りんご音楽祭の来場者のほとんどがこれを見に来ていたようで、人が大量にりんごステージに押し寄せていた。
ライブが終わると出口に人が押し寄せて、出るのに10分くらいかかった。



その後お昼を食べた。
去年も食べた「がねいしゃ」の”グリーンカレーとカオマンガイのあいがけ”だ。
IMG_3998
安定の美味しさだ。
普通に美味い。
りんご音楽祭の出店の中で一番好きだ。

それから青葉市子さんの声をBGMに、そばステージの芝生に寝転がった。
IMG_4009
IMG_4211
IMG_4212
楽しそうだ。歯茎がむき出しなのはご愛嬌だ。しょうがない。そういう顔の構造なので。
とにかく楽しかった。


それからTempalayをちょろっと聴き、つかれたからもうホテルに帰ろうか。となったのだけれど、King Gnuというバンドがなんかキてるらしいよ。ってことでキングヌーを観に行った。

想像してたよりもゴリゴリにロックバンドだった。
ミクスチャーロックなのだろうと思う。そこらへんよくわかんないけど。


そして松本駅までバスで帰った。
とりあえず夜ご飯を食べようと松本の駅前をうろうろしていたら、台湾料理の店があったので入った。
正直イマイチだった。
自分の選択を後悔した。


夜ご飯は微妙だったが、一日を振り返ったらやっぱり「めちゃくちゃ楽しかったな!」となったのでりんご音楽祭は最高。
IMG_4213


2日目に続く。

りんご音楽祭3日目