ついに雛換羽が始まった。大人への通過儀礼だ。
気づいたのは一昨日だった。
朝、いつものようにぶんすけに「おはよう」を言いにいくと、口に何かくわえて近くに寄って来た。くちばしにくわえられた物体はフワフワとなびいていた。

(....羽!?羽か!!!え〜!雛換羽始まったん!え!聞いてないわ!換羽始まったら羽を持って来てくれるなんてなんも聞いてない!かわいすぎて仕事行けない!もっとこの気持ちを噛み締めたい!え、無理!)と思ったが、常識ある社会人として”飼ってる鳥が朝から可愛すぎて仕事行けませんでした”という理由で休むのはよくない。出勤ギリギリの時間までぶんすけを褒めまくって、後ろ髪を引かれながら仕事へと向かった。



それから注意してケージの中をチェックするようにした。
雛の時のフワフワの灰色の羽がよく落ちているようになった。

IMG_7561
FullSizeRender


実は気づくのが遅かっただけで、ぶんすけの雛換羽は少し前から始まっていたらしい。よくよく体を見ると、明らかに色の違うスベスベの羽が生えてきている。

1週間前にネクトンSという鳥飼いさんには有名なビタミン剤を買ったところだったのに、すぐにネクトンBIOという換羽期に与えるビタミンをAmazonで買うことになった。(このままだと梅雨の湿気でネクトンSが湿気て使い物にならなくなるな...)と思ったが、換羽はぶんすけがすくすく育っている証拠なのでしょうがない。BIOは昨日届いたので水に溶かして使っている。すぐに届いてよかった。さすがAmazonプライムだ。



FullSizeRender
今日はこんな綿毛ほどの羽をくれた。

FullSizeRender
Seriaで買った小さいガラス瓶に、綺麗な羽だけ入れて保管している。一生に一度の羽だからね。





今日のぶんすけは餌入れを洗っている間も一人で遊べないらしく、すぐに私の元にきて部屋着のショートパンツにひっかかっていた。
IMG_7559
IMG_7546
IMG_7547
ひとりでいられないぶんすけ、愛しい。



この1ヶ月、餌入れや水入れは洗っているし、新聞紙も毎日変えているのだけど、やっぱりケージのプラスチックの部分の汚れが目立つので、今週末に丸洗いしようかと思っている。
ググったところ、熱湯で煮沸、消毒する方法や、ミルトンで消毒する方法などがあるのだが、なんせ狭い1Kに住んでいるのでなかなか現実的ではない。ケージは大きいし、プラスチックを熱湯で煮沸は良くない気がする。まずそんな大きさのキッチンも鍋もない。風呂場はせまい。

プリジアやビルコンというアルコール不使用のペット用消毒液があるらしいのでそれを使った方がいいのかなあとも思う。
あれはシュッシュっとふりかけるだけで消毒が出来るんだろうか。

もしこのブログを見ている鳥飼いさんがいらっしゃったら、どうやってケージを掃除、消毒しているのか教えてほしいです...



にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ