カテゴリ: ぶんすけ

ぶんすけは今日で生後半年が経つ。
4月4日に神戸で生まれたシティーボーイは、大阪でも調子よくシティーボーイをやっている。
生まれも育ちも生粋の関西人だ。


そんなぶんすけにハーフバースデーのお祝いをあげた。
IMG_4561
近所のスーパーのおつとめ品コーナーに置いてあったシャインマスカットだ。
私たちにはこれで十分だ。むしろ高級品である。
甲斐性のない親で悪いが、これで祝われた気分になってもらおう。
よそはよそ、ウチはウチ。



ぶんすけには今まで苺や梨を与えたことがあるが、そんなに食いつきが良くなかった。
よそのおうちの子は苺を見るとむしゃむしゃ食べ、梨を与えるとチューチュー吸うというが、うちの子はあまりフルーツが好きではないようだった。
まあよそはよそ、ウチはウチだ。



そんなぶんすけもシャインマスカットという高級品なら食べてくれるのではないかと、生後半年記念に買い与えてみた。
まあ買った理由の半分は私が食べたかったからだ。
私はシャインマスカットが桃の次に好きなので、こんなに美味いものにぶんすけが食いつかないわけがなかろう。と思った。



ぶんすけに半分に切ったシャインマスカットを与えてみた。
FullSizeRender
苺や梨を与えた時はビビってなかなか近寄ってこなかったのだが、今回はすぐに近寄ってきた。
FullSizeRender
なんや、美味そうやな。といった感じでシャインマスカットを覗き込み、

FullSizeRender
吸い出した。
果汁をチューチュー吸っている。



一口目で、「!!!(うまい!)」といった顔をしてこちらを見てきた。

「そうやろ。美味いやろ。
これはなあ、私も年1くらいしか買わへん高級品やで。
ばあちゃんちに行かな食べられへん代物や。
人間が食べるフルーツの中でも上位のもんや。
今日はぶんすけが生まれて半年やから、お祝いに買うてきてあげたで。お食べ。」と言うと、

FullSizeRender

一心不乱にチューチュー吸い出した。
よっぽど気に入ったのだろう。
チュッチュチュッチュしてた。


それから一粒を二人で分け合った。



ぶんすけがチューチュー吸い、私が一口食べる。
またぶんすけがチューチュー吸い、私が一口食べる。
それを繰り返しているうちに満腹になったらしい。
肩や頭や手に乗ってきて、
「おいしかったわ!ありがとうな!」と言っていた。(気がする)


ぶんすけが気に入ってくれてよかった。
ぶんすけが生まれて6ヶ月、私の元に来て5ヶ月が経つが、こんなに可愛くて愛しい生き物が私の元に来てくれたことが奇跡だ。
シャインマスカットは高級品なので、今度は一歳になったら買ってやろう。
うちはシャインマスカットは年2だよ。
よそはよそ、ウチはウチだからね!



↓押していただけるとテンションが上がります。
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村


最近、ぶんすけは手の中で眠ってくれるようになった。
フワ毛(お腹の毛)を膨張させて、私の手の中にうずくまっている。


IMG_3927
IMG_3928
IMG_3929
可愛いなあ。
本当にこの世の何よりも可愛い。
私の手の中ですやすやと安心して眠っているぶんすけを見ると、(私が君を守るよ。一生守るからね...!)という気持ちになる。
ぶんすけのことが大好きだ。愛している。



IMG_4357
光の中に佇むぶんすけ。
光のなかに立っていてね。



松本3日目。
朝食をホテルで食べた私達は、しばらく部屋でグダグダと過ごし、遅めのチェックアウトをした。
11時前くらいにホテルを出て、松本市を歩いた。
松本はコンパクトで、綺麗な街だ。清潔で、街灯や橋などに少し西洋の趣を感じる。
人はほとんどいない。
ゾンビ映画の昼間の街か、ゴーストタウンくらいのレベルで人がいない。
いつも梅田やなんば、京都まで遊びに行く私たちにとっては新鮮で、”人がいない”ことが楽しかった。



IMG_4214
IMG_4215
歩いていたらでかい蛙がいた。
これはもしかしてNARUTOの自来也の元ネタなのだろうか?
よくわからないが、とりあえずデカいと言うだけでテンションが上がったので写真を撮った。




松本城の小ささにびっくりしてから、蕎麦屋に行った。
食べログで評価の良いところに行こうとしたが、面倒くさくなったので駅前の蕎麦屋に入った。
注文してから店名をググったが、それなりに評価も高く、職人さんが手打ちでそばを打っていて美味しそうだった。
FullSizeRender
感想としては、「あんまり違いがわからん」だった。
たぶん蕎麦の本場に対する期待値が高すぎたのかもしれない。
なんかこう、圧倒的違い!!!的なものがあるのかと思ったが、あまりわからなかった。
コシがあって細い気はした。
美味いのは美味い。




特急しなのに酔いながら名古屋まで帰り、名古屋から大阪まで新幹線で帰った。
帰宅した私は、荷物を置いてすぐにぶんすけを迎えに走った。
(早く会いたい...!忘れられてないかな。元気でやってるかな。寂しくないかな。)と、ぶんすけへの想いを巡らせながらペットホテルに向かった。


ぶんすけは超元気だった。
私の顔を見た瞬間、ピッピッピ!!と元気にこちらに向かって来て、鳥かごの側面に張り付いた。なんて可愛いんだ。やっぱりお前は可愛いな。


ペットホテルでは調子よくやっていたようで、スタッフさんが書いてくれた日記には
「怖がらず堂々としてます」
「元気いっぱいです」
「甘噛みでじゃれてくるのカワイイですね」
と書いてあった。
IMG_4235
だいぶ調子が良かったようだ。
さすがはうちの子である。(親バカ)
宿泊初日から「お利口さんですね」と褒められているので、
そうだろうそうだろう。お利口さんなんですようちのぶんすけは。
とにやけ顔になってしまった。


帰宅して、3日間分の相手をしてあげた。IMG_4257
IMG_4258
IMG_4259
IMG_4260
ぶんすけはなんだかんだ寂しかったようで、いつもよりよく甘えてきた。
可愛いやつだ。


「松本楽しかったよ。今日からまた一緒に暮らそうね」と言うと、IMG_3931
IMG_3934
「ほなまたよろしく」といった顔をしていた。


よろしくな。

りんご音楽祭1日目

りんご音楽祭2日目





ばあちゃんが、せっかく私が名付けた「ぶんすけ」という名前を無視して勝手に「チュンチュン」と呼ぶ。
チュンチュンではない。ぶんすけだ。
だいたい私の周りは人の文鳥に好き勝手名前をつけがちだ。
ぶんのすけ、とかピッピ、とかピー助とか、チュンチュン。
全部違う。ぶんすけなのに。
でも「チュンチュン」は可愛くて気に入ったので、ぶんすけのあだ名にしてあげよう。


今週末はばあちゃんの家に帰省した。
またしてもハートフルキャリーと保冷バッグに詰め込まれたぶんすけは、2時間の長旅に出ることとなった。
さぞ怖かろうと思って気を揉んでいたのだが、当の本人は全然怖くないらしく、阪急の車内で「ピチュイーヨ ピチュイーヨ」とさえずっていた。
ぶんすけがさえずりまくるせいで、阪急車内の乗客の視線を独り占めしてしまった。
(私は気にしてませんよ。なにか問題でも?)の顔で乗り切った。


IMG_3777
阪急電車と文鳥。






ばあちゃんの家に着いた途端、大喜びで出てくるぶんすけ。
IMG_3787
かなりハイテンションで、躁ですか?といった感じだった。




ばあちゃんの家にも慣れたもんで、すぐにばあちゃんとじいちゃんのところへ行って毛繕いしていた。緊張しないタイプらしい。
IMG_3813
IMG_3815



ぶんすけが縦横無尽に毛繕いする姿が撮れた。
IMG_3816
IMG_3818
IMG_3819
IMG_3820
IMG_3821
よくこんなに首が回るものだ。



ばあちゃんちに置いてある電子ピアノを弾いていたら、ぶんすけが楽しそうにさえずっていた。
IMG_3833
最初は足の上で控えめにさえずっていたのだが、次第に慣れ始め、しまいには鍵盤の上で私の邪魔をしたり、キャルキャル言うようになった。



キャルキャルいいながら合いの手にピーヨと入れてくる。嫌なのか好きなのかはっきりしてほしい。



久しぶりにピアノを弾いて楽しかった。



FullSizeRender
夜ごはんは松茸ご飯と鯵のたたきと鶏のたたき。
今年初の松茸ご飯だったが、せっかくのおかずなので白米が食べたかった。
私は基本醤油をつけるおかずには白米を合わせたいタイプだ。
松茸がゴロゴロ入っていて、香りもよく、高い松茸なのだろうことはわかったが、なんせ安舌なので白米でも十分だった。
せっかく食べさせてくれた祖父母心がわからぬ孫だ。



そして2日目は近江牛の焼肉。
IMG_3851
めちゃくちゃ美味い。
肉はやはり高い物が美味しいのだなとわかる。
普段こんな肉はとてもじゃないけど買えないが、じいちゃん達が贅沢させてくれた。


この分厚い肉を見て。
こんなのあと1年くらいは食べれないな。
FullSizeRender


ばあちゃんの家でたらふく美味しいものを食べ、何もないど田舎でひたすらぐだぐだしたら元気になった。



この一週間を乗り切れば、三連休は旅行だ。
とっても楽しみ。



ずっと一緒にいようね。愛してるよ。


FullSizeRender
IMG_5767
IMG_6366
IMG_6771
IMG_7118
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_7701
IMG_7602
IMG_8489
IMG_1133
IMG_3678
IMG_3679
IMG_3682



台風21号、ヤバすぎる。
なんだこれ。地震と同じくらいマンション揺れたわ。安物件すぎるからかもしれない。

地震の件→地震当日
                  ぶんすけと同伴出勤
                  同伴出勤終了


台風が大阪に上陸する5時間前くらいに、ちょうど7針縫う怪我をしたので、朝方に近くの病院の緊急センターに自力で行って縫ってもらった。
5時間前に怪我をしておいてよかった。5時間後だったら血をダラダラ流しながら途方に暮れていただろう。


病院から帰って来てから、すぐに台風は大阪に上陸し、台風は驚異の勢いで外を破壊していた。
そして停電した。
停電だけは困る。断水より困る。
なぜなら私はスマホ中毒者だから。
数時間で直るだろうと思っていた停電は夜中続いた。
スマホの充電は50%ほどしかなかったが、こんなに何もやることがない台風の夜に、充電を温存するなんてことができるわけなかった。
めっちゃネットサーフィンした。
すぐに充電はなくなり、死に絶えた。



台風は猛威を振るって、私のマンションを揺らした。震度4くらいは揺れていたので、これはヤバいのではないか?と思ったが、揺れる部屋の中で耐えた。外では轟音が響いていた。

台風が通過した後にベランダに行った。
絶対ヤバいことになっているという確信があった。
なぜならバキバキ!ガシャンガシャン!バキッ!という音が夜中していたからだ。
IMG_3029
IMG_3031
IMG_3041
IMG_3042

案の定だ。
ベランダの屋根は内側だけボロボロに剥がれ落ちていた。
意味がわからない。
なぜ内側だけこうなるのか。
室外機を固定するネジはズレて外れかかっていた。
このままじゃ、洗濯物を干している時に屋根か室外機が落ちてきてぺしゃんこになりそうだ。




台風の間中、スズメが心配だった。
スズメはこの間どうして生き延びているのだろうと思った。
スズメだけではなく、鳩やカラスのことも心配するべきだとは思うが、なんせフィンチ類びいきのため、一番に出てくるのがスズメなのだ。
スズメは大丈夫だろうか。きっと大丈夫じゃないだろう。こうやって淘汰されていくのか。これが自然か。

台風が通過した後、ぶんすけには「外のスズメは耐えてたんだよ。あの嵐の中を。野生で生きるとはこういうことや。淘汰されるんやで。ぶんすけは屋根があってごはんがあって良かったね。私もぶんすけがここにいて嬉しい。」
と野生の厳しさを教えた。
野生で生きたことがない飼い主にこんなことを言われてもありがた迷惑だろうが、私は親として社会を教えなければならないのでしょうがない。
ぶんすけにはシカトされた。



今日は病院の再診だったが、見事に近所のレンタルビデオ店のガラスは割れていたし、木はボキボキだったし、信号は曲がっていて信号として機能していなかった。


今年は自然災害が多すぎる。
大阪は自然災害とは縁遠いと思っていたが、そうでもないらしい。
今年はもう何もあってほしくないな。



久しぶりにそらちゃんに会った。
そらちゃんというのは、兵庫に住んでいる私の友達だ。
出会い(リアル)はカミングコーベというチャリティーフェスだ。
確かその前からお互い元々ツイッターでフォローしていた。たぶん音楽の趣味が合ったとか、そういうことでそらちゃんがフォローしてくれた気がする。
「踊ってばかりの国」が私たちの共通点だ。


そらちゃんと初めて出会ってから3年くらい経つ。
最後に会ったのは1年程前で、そんなに頻繁に会っているわけではない。
踊ってばかりの国のライブがあったり、好きなバンドがかぶった時のライブで会うくらいだ。cero、Yogee New Waves、D.A.N.あたりでちょくちょく会っている。


そんなそらちゃんと久しぶりに遊ぶことにした。
そらちゃんがぶんすけに会いたがってくれたので、7畳1Kのマンションに招待した。
そらちゃんは私より3歳歳下だが、丁寧にもお土産を買ってきてくれた。私がプリン好きなのを知って、プリンとクラブハリエの桃バーガーを買ってきてくれた。気が利く子だ。めちゃくちゃ喜んじゃった。

FullSizeRender
桃バーガー、見た目も可愛くて、美味しくて最高。
プリンはめちゃくちゃ美味しかった。




そらちゃんとはたまに本やCDを貸し借りする。
今回ははらだ有彩さんの「日本のヤバい女の子」を貸してもらった。
日本の民話をベースに、はらだ有彩さんがあれやこれやと現代的に考察する本だ。と思う。まだ1話しか読んでないのでわからないが。

IMG_2831
IMG_2832
本を読むそらちゃんとぶんすけ。


ぶんすけは大人しい人や静かな人、せわしなくない人が好きなので、そらちゃんにはよく懐いた。

IMG_2853
すっかりそらちゃんは鳥使いのようになっていた。

IMG_2860
ぶんすけはそらちゃんのことが大好きになったようだ。
3時間くらい遊んでもらえて大満足していた。


IMG_2872
そらちゃんの手の中にすっぽり収まるぶんすけ。
我が子ながら「かわいい!!!かわ!!!いい!!!可愛い!!!」と叫んでしまった。





たっぷりぶんすけと遊んだのでお腹が空いた私たちは、台風飯店へ向かった。
私は一週間ぶり、そらちゃんに至っては1日ぶりだった。
なんだかベトナム料理やタイ料理が食べたくなったので、谷町六丁目まで行ってみた。

そらちゃんがタトゥーシールを持ってきていたので、台風飯店らしくトウガラシを腕に貼ったり、脚に花を生やしたり、おそろいのタトゥーシールを貼ったりしてみた。Iwaya Kahoさんが作っている、opnnerというタトゥーシールだ。

IMG_2927

IMG_2903
IMG_2904
IMG_2906
IMG_2912
IMG_2916


私はお揃いのタトゥーと、脚に花を生やしたのだが、これがとても可愛くて気に入った。
お風呂に入ったので今は取れてしまったが。



台風飯店では、一週間前に食べていなかったものをたくさん頼んだ。

FullSizeRender
空芯菜炒め

FullSizeRender
鶏肉の照り焼きサワークリーム添え
揚げ出し豆腐

FullSizeRender
スペアリブ角煮
とろとろで柔らかかった。
ニラ玉など。

FullSizeRender
締めにカオマンガイ。

IMG_2941
台風飯店はメニューが豊富で安くて美味い。
ただ、今は人気なので18時以降に行くと並ぶ。


飲んで食べて、楽しくなりながら帰宅した。


帰宅したあとは、宝酎ハイと三ツ矢サイダーゼロを割ったお酒と、レタスにセブンイレブンのペッパービーフをつまみに飲んだ。
IMG_2947
1時半くらいから飲みだして、3時半過ぎに寝た。

まるで大学生だ。
楽しかった。


そらちゃんは朝方に勝手に起きて帰ってくれた。
私は見送った気がするが、あまり覚えてない。




久々に若さ溢れる休日を過ごした。さすが三歳下だ。
楽しかった。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ