カテゴリ: 恋人

年に一回のビッグイベント、りんご音楽祭に行ってきた。
ぶんすけは前日からペットホテルに預けた。
ぶんすけを購入したペットショップに併設しているペットホテルなので、
「帰省だねえ。お前がいたペットショップにしばらくいてね。寂しいけど我慢してね。」と言いきかせて預けてきた。



りんご音楽祭は、長野の松本で開催される音楽フェスだ。
邦ヒップホップ勢がなかなか強く揃っており、ヒップホップが主に好きな恋人と、バンドが主に好きな私の好みが合致する、めずらしいフェスだ。
私は去年りんご音楽祭に初めて行ったのだが、程良い人の多さと、人の多さの割に豪華なメンツ、ヒップホップカルチャーとバンドカルチャーが融合している感じがすごく気に入ったので、今年も恋人とはるばる大阪から松本まで出向いた。


朝5時半に起きて、新大阪から松本へ向かった。
名古屋までは新幹線、名古屋から松本までは特急しなので向かった。
この特急しなのという列車、異常に揺れる。トイレに行こうと席を立つと、立っていられないくらい揺れる。私の運動神経が最低レベルだということを考慮しても半端ない揺れだ。
去年恋人は特急しなのの揺れに耐えきれずトイレで吐いた。
今年は去年の失敗を活かして早めに酔い止めを飲んだので事なきを得た。



松本に到着して、すぐにバスに乗り会場のアルプス公園を目指した。

りんごサブステージで藤山拓のライブがあったからだ。
藤山拓は私の大学の先輩だ。
サークルも同じだったし、そういえば拓さんのもう一つのサークルにヘルプで入って一緒にフジファやサニーデイのコピバンをしたりした。
社会人のジャズバンドにも拓さんと私で参加して、近所のショッピングモールでライブなどをした気がする。確かショッピングモールから一人500円もらった。懐かしい。
よく”拓さんハウス”なる拓さんのアパートでサークルのみんなと鍋をしたり飲んだり、拓さんが野良猫を拾ってきて、みんなで愛でたりした。
突然夜中に古着屋に行ってレディース服を買って、みんなが女装し、それを爆笑しながら見ていた。懐かしい。

そんな拓さんがなんとりんご音楽祭に出るという。
なんだか感慨深い。



それなのに、案の定拓さんのライブに間に合わなかった。
なんたる失態。とかは別に思ってないけど、久しぶりに拓さんのギターと歌を聞きたかった。残念だ。
拓さんのライブを観ていないので感想などは言えないが、拓さんはかなり面白い(funnyじゃなくてinterestingの方)人間なので、興味を持った方はぜひチェックしてほしい。
別に回し者ではないが、拓さん本人はすごく面白い人なので。



それからカネコアヤノ(バンドセット)を観た。
私はカネコアヤノが大好きだ。
全世界の女子にカネコアヤノを聞いてほしいくらいだ。いや別に男子でもいいのだけれど。


“洗濯物を入れなくちゃ
未読の漫画を読まなくちゃ
恋しい日々を抱きしめて
花瓶に花を刺さなくちゃ”


まるで私だ。
まるで私の日常だ。


なにより「祝日」が聴けたのが嬉しかった。
私は祝日が大好きなのだ。


“お腹が痛くなったら
手当をしてあげる
嫌われないように
毎日不安にならないようにしている”


“あなたが振り返らなくても
姿が見えなくなるまで
気づかれないように見送る
できないことも頑張って
やってみようと思ってる”

“飽きないな
若気の至りか 気持ちの問題か
あとは抱き合って確かめて
飽きないな
若気の至りか どうでもいいことだ
これからの話をしよう
祝日 どこに行きたいとか”


私が日々思っていることをそのまま歌ってくれる。
そのままの歌詞を届けてくれる。
今まで、いわゆる”ラブソング”などはほとんど聞かなかったし、全く興味もなかった。
だが、カネコアヤノは私に響いた。
たぶんタイミングもあるのだろう。今私はちゃんとラブソングの”あなた”を好きな人に置き換えることができるから。
1日目で一番のベストアクトはカネコアヤノ(バンドセット)だった。


カネコアヤノバンドには私の好きなギタリストの一人である、林宏敏がギターで参加している。
私は踊ってばかりの国というバンドが大好きで、ずっとライブに行っていた。
林さんは踊ってばかりの国を脱退したのだが、今でも変わらず好きだ。
林さんのギターが好きなんだと思う。



その後はU-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESSを観た。
IMG_3994
今年のりんご音楽祭で一番楽しみにしていた出演者だ。
私は鎮座ドープネスがかなり好きだ。
その上KAKATO(環ロイと鎮座のユニット)も大好きだ。
これは楽しみ以外のなんでもない。
鎮座と環ロイがフリースタイルラップで「なんで鎮座前歯折れてんの」「それは言わない言いたくない。それはそうと俺は今日4畳半の民宿に泊まってたけど、民宿の人に赤い自転車借りてここまで来た」
的なことを言っていて(うろ覚え)面白かった。
七曜日、リズム、サマージャム’95などを聴けた。
りんご音楽祭の来場者のほとんどがこれを見に来ていたようで、人が大量にりんごステージに押し寄せていた。
ライブが終わると出口に人が押し寄せて、出るのに10分くらいかかった。



その後お昼を食べた。
去年も食べた「がねいしゃ」の”グリーンカレーとカオマンガイのあいがけ”だ。
IMG_3998
安定の美味しさだ。
普通に美味い。
りんご音楽祭の出店の中で一番好きだ。

それから青葉市子さんの声をBGMに、そばステージの芝生に寝転がった。
IMG_4009
IMG_4211
IMG_4212
楽しそうだ。歯茎がむき出しなのはご愛嬌だ。しょうがない。そういう顔の構造なので。
とにかく楽しかった。


それからTempalayをちょろっと聴き、つかれたからもうホテルに帰ろうか。となったのだけれど、King Gnuというバンドがなんかキてるらしいよ。ってことでキングヌーを観に行った。

想像してたよりもゴリゴリにロックバンドだった。
ミクスチャーロックなのだろうと思う。そこらへんよくわかんないけど。


そして松本駅までバスで帰った。
とりあえず夜ご飯を食べようと松本の駅前をうろうろしていたら、台湾料理の店があったので入った。
正直イマイチだった。
自分の選択を後悔した。


夜ご飯は微妙だったが、一日を振り返ったらやっぱり「めちゃくちゃ楽しかったな!」となったのでりんご音楽祭は最高。
IMG_4213


2日目に続く。

りんご音楽祭3日目



神戸どうぶつ王国後編。(前編はコチラ)



アルマジロや変な生き物達を見た後は、念願の鳥と触れ合えるコーナーへ。

20分持ち時間があって、1組入ったら1組退出する仕組みだ。部屋に入る時に鳥にあげる餌をもらえる。
餌をもらう時、「モモイロインコはよく噛むので注意してください。」と言われた。
部屋は広く、自然木の止まり木もたくさんあった。


まず寄ってくるのがオカメインコ。
IMG_3315
IMG_3316
IMG_3364
真っ先に餌を食べに来る。
床の上でヨチヨチ歩いて、飛ばずに餌を食べに来る姿が可愛くてたまらなかった。

餌は瞬く間になくなってしまった。
オカメインコはかなり餌の皮を剥くのが早くて驚いた。
うちのぶんすけはこの2倍は時間がかかる。



オカメインコに餌をあげている私達を、ジーッと見つめるモモイロインコ。
IMG_3369
IMG_3370
欲しそうにしているが寄ってこない。
そんな目をされると餌をあげたくなってしまう。私はもう一度餌を購入した。

そしてモモイロインコに餌をあげようと手を差し出した。
その瞬間、めっちゃ噛まれた。
指に跡がついてしばらく消えないくらい噛まれてしまった。
「はいはい餌だy痛たい!!!痛った!!!」
と痛みに驚く私の動画があるが、今見返しても痛そうだった。



恋人はこのインコにやたらと好かれていた。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
最終的にはつがいを呼び出し、恋人の肩でずっとイチャイチャしていた。
まるでラブホ代わりだ。



私はというと、コザクラインコに夢中だった。
IMG_3632
IMG_3633
IMG_3634
この鳥コーナーにいる時の私の写真が、もれなく全力の笑顔だったので見返して笑った。
鳥さんは楽しくて可愛い。

コレになりたくて来たのだ。
鳥をたくさん手や肩に乗せることができて大満足だった。


南国のインコに突進されている時でさえこの笑顔だ。よほど楽しかったのだろう。
IMG_3635



鳥と20分間触れ合い、なんと4回も鳥に課金してしまった。(餌100円×4回)



それからワンニャンふれあいコーナーに行った。
私は元々犬が苦手で、少し前までは犬にビビりまくっていたのだが、ぶんすけを挟んでからの犬は全然怖くなかった。ぶんすけを知って動物愛に目覚めてしまったのだ。


トイプーをムツゴロウばりにわしゃわしゃして「カワイイネーカワイイネー!」と言っていたら、恋人が「逃げろトイプー!女ムツゴロウや!」と言っていた。



恋人と私は部屋の隅でやる気のない疲れ切った犬を見つけた。
すると恋人が「この犬、ゆかこ(私)に似てる!」と言い出した。
IMG_3557
IMG_3560
なんでやねんという感じだが、似ているらしい。
たぶんやる気がなくて体力がなさそうなところが似ているのだろう。
FullSizeRender
恋人はこの犬をゆかこと呼び、「よしよし疲れたなゆかこ」「ゆかこゆかこ」と言いながら撫でていた。

なんだか本当にぐだっとした犬だった。



FullSizeRender
FullSizeRender
お昼はサンチャゴバーガーでアボカドバーガーとダブルチーズバーガーを食べた。


FullSizeRender
夜はAYUMUNYAであいがけカレーに牛すじのトッピング。

キーマのゴロゴロ感や程よいスパイス感、辛さもちょうどよく、牛すじがホロホロでとても美味しかった。



久しぶりに神戸に行ったが、結構おもしろい街なのでまたそのうち行こうと思う。


ついに...ついに待ち望んだ日が来た。

阪急十三で乗り換えて三ノ宮、そしてポートライナー乗り換えという遠い道のり....



全ては

”コレ”になるために────!!!

IMG_8927
IMG_8929




というわけで(???)行ってきました、神戸どうぶつ王国。
こんな風に、色とりどりの鳥さんを肩や手に乗せたくてたまらなくなった私は、「神戸どうぶつ王国」行きを恋人に打診していた
その結果、ついに週末に王国入りする運びとなった。嬉しい。



私だけ楽しみにしている気がしていたのだが、恋人からめぼしい王国の仲間のスクショが送られてきたので、恋人も楽しみにしてくれていたらしい。
FullSizeRender
可愛い。


王国に入国すると、すぐに手すりをベロベロ舐めているアルパカに出会う。
IMG_3208
手すりを10分くらいずっとベロベロ舐めていた。その行動がまたおもしろくて、初っ端からウケてしまった。


それから順に回ったのだが、最初のエリアでたまたまバードショーがやっていたので見ていくことに。
IMG_3213
ワシや

IMG_3222
IMG_3225
ミミズク、

IMG_3242
アカコンゴウインコ、ハヤブサなどが端から端まで何回も飛ぶ。
間近で飛んでいるところやスタッフさんの腕にとまっているところを見ることができ、しかもユニバばりの愛想を持つスタッフさんが丁寧に鳥の生態を説明してくれる。バードショー、とても良かった。


バードショーが終わると、ミミズクさんと写真を撮ることができるコーナーがあったので、ミミズクさんに300円課金して写真を撮ってもらった。
結構並ぶ上に湿地帯のエリアでやるもんだから、私は汗だくになってしまった。

ミミズクさんと写真を撮るために、客が列を成していた。まさに今会えるアイドルだ。

「ミミズクさんですら時給2...3000円...!?」
「いや...もっとやろ...」
と、待っている間にミミズクさんの時給の計算までしてしまった。

FullSizeRender
そしてミミズクさんと写真。
すごく重くて肘を曲げないと支えることができない。
ミミズクってこんなに重いのか...とびっくりした。
23.9gのぶんすけしか触ったことがないので驚いた。
ミミズクさんはしっかりキメてくれた。さすがは客商売だ。




それからいろんなエリアを回った。

レッサーパンダが生きる気力を失ったような顔と体勢で寝ていた。
IMG_3265
IMG_3264
全体重を枝に乗せ、驚異のバランス感覚でスヤスヤ寝ていた。
いろんな動物園でレッサーパンダを見たことがあるが、こんなにやる気のないレッサーパンダは初めてだった。
めちゃくちゃ可愛い。



羊ふれあいコーナーでは、小さな女の子が羊に餌をあげようとしていた。

IMG_3277
女の子が餌を持っているとわかると、フェンスをぶち破るくらいの勢いで羊が寄って来る。
IMG_3282
前のめりすぎる。その前のめりな姿勢、私も見習わなくてはならないかもしれない。
 

IMG_3296
ペンギンや
IMG_3310
オニオオハシもいた。

オニオオハシ、すごく可愛い。
人に慣れていて、すぐに寄って来た。



それから、恋人の目当てのアルマジロの赤ちゃんを見た。
動画ばかり撮っていて写真はないが、とても可愛かった。
何がしたいのかわからない行動ばかりする。
どうぶつの赤ちゃんは可愛いなあ。


恋人にG-SHOCKをもらった。
IMG_2479
恋人がG-SHOCKを失くしたらしく、新しいG-SHOCKを買った。
しかし買った直後に出てきたらしいのだ。
なのでお古を譲り受けた。

おそろいのG-SHOCKで今週も梅田に出かけた。
恋人がリーバイスのシルバータブが欲しいと言うので、リーバイスに向かった。
目当てのシルバータブの新商品はまだ入荷していなかった。
そしてなぜか私が新しいデニムを買ってもらってしまった。
私が一本しかデニムを持っていないのを不憫に思った恋人は、私にリーバイスの701を買ってくれた。感謝感激である。
IMG_2574

リーバイス701、これがまた形が可愛い。太さもベスト。
トルコ製の生地らしく、洗濯すると5%縮み、色が落ちやすいらしいが、パリッとしたデニム生地でとても気に入った。


それから「検察側の罪人」を観た。
結論から言って、私は全く好きではない作品だった。
良さといったら、演者の演技くらいだ。
それでもキムタクはやはりキムタクになってしまう、過剰であると感じた。
二宮和也はかなり良かった。中盤のニノが激昂するシーンなどは固唾を飲んで観てしまった。
あとは大倉孝二、松重豊がとても良かった。松重豊の役はかなりオイシイ。
吉高由里子も綺麗だった。

問題は脚本だ。前半に長々と、そして断片的に役者に説明をさせる。長ったらしい。全部早口で説明をさせる。説明が過剰な割に断片的。主人公のバックボーンやディティールなどをストーリーが進んでいく過程や、表情、微妙な仕草などでこちらに見せてほしいと思った。映画とはそういうものではないのだろうか。
原作小説を読んだ方が何倍もマシだ。
そしてほぼ絶えず流れているBGMもしんどい。空白がほとんどない。そしてすぐに暗転して次の章へ。ラストシーンも投げかけるのではなく投げっぱなしという印象。
なんだこれは。と思った。悪い意味で。
いらないシーンもかなり多かった。
ただ演者の、特に二宮和也の演技はとても良かったと思う。



といった話をしながら今日の目的の「台風飯店」へ向かった。
「台風飯店」は谷町六丁目にある、人気店「そのだ」の二号店だ。もしかしたら三号店とかなのかもしれない。そこらへんのことは知らない。
5時過ぎに谷六に着いてしまい、まだお腹が空いていなかったため、空堀商店街を往復したりした。意外と長く、そして坂になっていたためゼェハァ言いながら台風飯店に到着した。

IMG_2563
まだ明るいうちから店内に入る。

IMG_2564
中には可愛いネオンが。

IMG_2492
メニューは壁を見て注文。

FullSizeRender
まずはトロピカルサワーを頼み、早く出てくる蒸し鶏を注文。
IMG_2565
ヤシの木のマドラー。

FullSizeRender
このパッタイがとても美味しい。
日本に帰ってきてからどこに行っても薄味のパッタイしか出てこないのでやきもきしていたが、このパッタイは美味しかった。
恋人はこの日食べた中でパッタイを一番気に入っていた。

FullSizeRender
名物ニラまんじゅう。

IMG_2551
2杯目はレモンサワーとバイス。

IMG_2566
恋人はお酒が弱いので、最終的にレモンサワーもバイスもわたしが引き取ることになった。

ルーロー飯や台湾のあんかけにゅうめん?や、台風うずらなども頼んだ。恋人は台風うずらも気に入っていて、おかわりしていた。


「いつもおごってくれるから、今日は私のおごりだからなんでも好きなものを頼むんだよ!いっぱい食べな!」と言っていたので私がお会計をした。
先週お金が本当にピンチの時も助けてもらったので、たらふく食べて飲んでほしかったのだ。
実際、どのテーブルよりも頼んで、お腹がパンパンになった。楽しかった。
どのメニューもハズレがない。安くて美味しい。
そのだも安くて美味しいが、台風飯店はテーブル席なので落ち着けて良い。


そんなに飲んでないのに、今日起きると二人とも二日酔いになっていた。
それでも昨日は楽しかったな。
IMG_2571




土曜日は梅田を練り歩いてから、恋人の用事を済ませ、蕎麦を食べに行った。
恋人が朝からずっと「蕎麦が食べたい...蕎麦食べ放題したい...」とうわごとのようにつぶやいていたのだが、まさかないだろうと思って「梅田 蕎麦食べ放題」で調べると、ホワイティに蕎麦食べ放題の店があった。
FullSizeRender
私は親子丼セットと海老天、恋人は希望通り蕎麦食べ放題を頼んでいた。
蕎麦食べ放題は最初に持ってきてもらう量を選べるのだが、恋人が「5皿で!(1kg)」と言い出したので必死で止めた。「最初は3皿にしときなよ。」と言うと、3皿頼んでいた。どうやっても1キロも蕎麦を食べられるはずがない。何の変哲もない蕎麦だ。
そう思って止めたが、最終的には追加で2枚頼んでいたので、結局恋人は1キロもの蕎麦を胃に流し込んでいた。強い。


恋人の食べ放題についていた海老天をもらった。私の恋人の良いところのひとつとして、「蕎麦についてる海老天をくれる」ことだ。
海老天は大事だ。そんな大事な海老天もくれるところが最高。



帰りは阪急に乗って帰った。
夏休みなのと花火大会なのもあってか阪急は結構な人で、恋人と隣り合って座れずバラバラになって座った。
昼間、今日は「淀川花火だね」と話していたのだが、花火大会には行かなかった。人混みが嫌いだし、暑くて疲れるからだ。
帰り道では花火のことなんて忘れていたが、梅田〜十三間を電車が走っている時に、斜め向かいに座っている恋人が、私の背後を指差して意味ありげな表情を送ってきた。
スマホに夢中だった私は、その時乗客がみんな私の背後を見ていることに気づいた。
振り向くと、花火が上がっていた。


FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
一番良い場所で、涼みながら花火を見てしまった。
ちょうどフィナーレのようで、空には大きな花火がたくさん打ち上がっていた。
花火が見れて嬉しかった。



最寄駅についてから100円ローソンで手持ち花火を買った。
去年の淀川花火の日にも、花火大会には行かずに100円ローソンで同じ花火を買って、二人で蚊に食われながら花火をした。
IMG_1088
今年も散々蚊に食われた。
それでも毎年手持ち花火がしたい私につきあってくれるのでありがたい。

IMG_1107
IMG_1108
IMG_1109
IMG_1110
IMG_1111
IMG_1112
誰もいない広い公園で、二人で手持ち花火をした。
今年もフジファブリックの「若者のすべて」を歌いながら手持ち花火をし、「線香花火」を歌いながら線香花火をした。
1年経ったのに同じことをできているのが嬉しい。


タブレットで自分のブログを読み返していた。
雛の時のぶんすけは、今とは全く違う鳥に見える。
IMG_1243
IMG_1244
これはぶんすけonぶんすけ。



今週も良い週末だった。
ここのところずっと週末が楽しい。
ひとりでいる週末は大して楽しくないが、恋人と二人で過ごすと楽しい。一人の週末も、ぶんすけがうちに来てくれたおかげでだいぶ楽しくなっている。


今週は金曜日の夜に恋人が家に来た。
私は早く仕事が終わったので、スーパーに買い物に行ってから帰った。角煮となにか適当なおかずをオクラで作ろうと思ったからだ。オクラが大好きなので。
家に帰って具材を切り、豚バラ肉を煮込んでいる間、床掃除とトイレ掃除とシンク周りの掃除をした。掃除が思ったより時間がかかり、2時間くらいかかってしまった。
掃除と料理をして、汗をかいたのでシャワーを浴びた。4時間くらいかかってようやく全部終えたところに、恋人からラインが入ったので駅まで迎えに行った。
仕事でお疲れだろうと思ったので、すぐ食べれるようにテーブルをセットしておいた。
恋人は案の定お疲れのようだった。それでも「角煮作ったよ!」と言うと、「おおー!すごいやん!」と褒めてくれたし、駅前のケーキ屋さんでケーキを2つも買ってもらった。優しい。


家に帰ってすぐに米をよそって夜ご飯にした。
FullSizeRender
角煮は大根と卵も一緒に入れた。
小鉢にはオクラとえのきと豆腐のおひたしみたいな、和え物みたいなものが入っている。
この小鉢はばあちゃんから譲り受けたもので、この写真だとニュアンスが分かりにくいが、とっても可愛い焼き物だ。

角煮は何回か作ったことがあるレシピのものだったのだが、味が薄かった。たぶん醤油がうすくちだからかなあ。玉出で買ったよくわからん醤油だからかもしれない。なんでだろう。水が多かった気もする。400入れたんだけどなあ。
角煮や大根の柔らかさは完璧(自画自賛)だったが、どうも味が薄かった。
そんな薄味の角煮も、「おいしいで。」と言って食べてくれた。薄味で申し訳なくなったので”玉出のよくわからん醤油”をかけてみたが、やっぱり醤油はただの醤油なのであまり美味しくなかった。残念。


土曜日は梅田に行った。
かき氷が食べたくなり、”梅田 かき氷”でググったところ、「雪ノ下」というかき氷屋さんが美味しそうだったので行ってみた。
堂山のTRADというライブハウス(旧AKASO)の近くの裏道を入り、その裏道のまた奥のこじんまりとしたお店だった。
「雪ノ下」は有名らしく、京都や横浜にも支店があるらしいが、本店は昔からある店舗という感じで、親子のような女性二人しかスタッフがいなかった。キッチンと階段がめちゃくちゃ狭いのでびっくりした。


かき氷を求めて「雪ノ下」に行ったのだが、なんと「雪ノ下 梅田本店」ではかき氷はやってないという。
しょうがないのでパンケーキとフレンチトーストを食べた。

FullSizeRender
FullSizeRender
プレーンのパンケーキ。
卵感が強く、弾力の強いたまご蒸しパンみたいに感じた。店員さんによると、バターも卵もたくさん使っていてこだわっているらしい。
蜂蜜が美味しい蜂蜜だった。

FullSizeRender
こちらはパンケーキ。
暗くてよく見えない...
バゲットをキャラメリゼしてあって、表面がカリカリしていておいしかった。
苺とブルーベリーのコンフィチュールがついていたのだが、これが美味しかった。


そのあとは梅田や茶屋町をうろうろして、また小腹が減ったので、最近ハマっている「ルクアフードホール」に落ち着いた。
ここのジェラートがとても濃厚。
濃厚すぎて途中からもういいや...ってなるくらい濃厚。褒めてます。
FullSizeRender
ピスタチオとヘーゼルナッツとジャンドゥーヤのトリプル。
私はナッツ系のスイーツがとても好きなので、これだけナッツの味を選べるのは嬉しい。



恋人が19時から梅田で用事があり、それまで時間を潰さなければいけなかったのでカラオケに行った。一年ぶりのカラオケだ。

とりあえずORANGE RANGEの「ロコローション」を歌った。
1993年生まれの私としては、夏に「ロコローション」か「イケない太陽」を歌うことが義務、使命だと感じている。
IMG_1130
IMG_1131
IMG_1128
IMG_1127
夏爆発してた。


恋人が全然歌わないので、私が15曲くらい連続で歌った。恋人はずっと歌ってる私の膝で寝ていた。私が散々歌って、恋人が1.2曲歌い、私がミュージカル映画の「RENT」の曲を片っ端から入れ、ひとりミュージカルをして、2018年最初で最後のカラオケは幕を閉じた。



ぶんすけの換羽も佳境に入り、頰のツクツクと目周りの細かい羽以外はほぼ生え変わった。
FullSizeRender
どうやらうちのぶんすけの頭は真っ黒ではないらしく、嘴と目の上に白いブチが現れた。
これもぶんすけの個性だ。可愛い。

FullSizeRender
IMG_1133
IMG_1134
目の上の白いブチが眉毛みたいでおもしろい。
強気なペンギンボーイに変身しようとしている。



日曜日は昼前に起きて、梅田に向かった。
なんと今日は、恋人がボーナスで私に服を買ってくれるらしいのだ。
1週間前くらいから、「欲しい服考えときや!」と言われていたので、道行く人を観察したり、雑誌をdマガジンで読み漁ったりした。
結果、全部可愛いから全部欲しいな。となってしまったため、欲しい服も方向性も定まらないまま梅田へ向かった。


ルクアイーレをうろついていたら、
キキララショップができていた。
私の好きなサンリオキャラクターは
第1位 ポチャッコ
第2位 タキシードサム
第3位 けろけろけろっぴ
第4位 バッドばつ丸くん
第5位 キキララ
なのだ。入らないわけがなかった。


やはり入ってよかった。
レジ横の棚でこれを見つけた。
IMG_0293
IMG_0294
IMG_0295
IMG_0296
可愛い!チープさが素敵!468円!安い!
468円にしては出来も良い!
昔のキキララっぽいデザインも良い!
ビニール製だから、汗をかいたり雨に濡れたりするフェスにぴったり!
おなまえを書くところもあるから落としてもあんしん!


ということで、秋口に控えているフェスのために購入。



そのあとルクアに行った。
数店舗まわり、気に入ったものを何着も試着した。
その間恋人は文句も言わずに付き合ってくれた。たぶんすごく長い間服選びに付き合わせた気がする。
その割に全然服が決まらず、最後にフレッドペリーに入った。
フレッドペリーは恋人が最近お気に入りだ。


試着してドアを開けると、すかさずスタッフのお兄さんがベタ褒めしてくれて、なぜか遠くにいたお姉さんまでも褒めてくれた。
3着試着したけどどれも褒めてくれたので、
(さすが接客業は違うぜ...!勘違いしそう...似合ってる、これは私のための服だと勘違いしちゃいそう...!しかもいやらしくない褒め...やるやんけスタッフ...!)と、接客業の方々の偉大さにおののいた。


で、おののいたまま買ってもらっちゃった。
はしょりがすごい。


IMG_0303
秋口のワンピースは、クラシカルな形で、腰をリボンで結んで着れるし、Aラインでも着れる。
シャツワンピなので一番下までボタンはあるが、上2つだけ見せて他のボタンは隠してあるデザインだ。可愛い。
本当はワンピースだけ買ってもらうはずだったのだが、私がマスタード色のノースリーブポロを気に入りすぎて、どっちにしようか迷っていたらこっちも買ってくれた。嬉しい...めっちゃ可愛い。

昨日ノースリーブポロをおろした。
IMG_0379
IMG_0378

可愛い服は自分も可愛くなった気がして最高だな。可愛いものはうれしい!たのしい!ハッピー!(語彙力がゼロ)



服を買ってもらってるんるんしながら阪急高島屋に向かった。
ファンデーションがなくなってきているので、新しい物を買うためだ。
私は平日全く化粧をしないので、ファンデの減りが遅い。しかしさすがに半年以上前に購入した資生堂のクッションファンデは減ってきていたし、クッションなので衛生的にも良くない。
ということで阪急のコスメ売り場を回った。
資生堂の同じ物でもよかったが、
今の時期に重いのと、セミマットがよかったので
shu uemuraのペタルスキンにした。
ペタルスキン用のブラシも欲しかったが、ブラシだけで6000円もしたので諦めた。ブラシも洗うの面倒だし。
IMG_0308


shu uemuraのお姉さんがタッチアップしてくれた。
ファンデをつけてもらっている時に、カラーメイクのパンフレットを見ていたら、
「それも気になりますか?今日は何色の気分ですか?」と言われたので、
「うーんオレンジか黄色ですね。」と言うと、
「じゃあ二色使っちゃいましょう!私もよくします!」
と言って、目尻に黄色とオレンジを塗ってくれた。
IMG_0202
IMG_0282
IMG_0283


まぶたもキラッキラにしてくれた。

FullSizeRender


その後はポンガラカレーでカレーを食べた。
FullSizeRender
バターチキンと濃厚豚カレーとスリランカカレーを頼んだ。
スリランカカレーが一番好きだった。


FullSizeRender
よくわからん顔出しパネルがあったから撮った。

今週の週末も楽しかった。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ




↑このページのトップヘ